サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オタクの祭典! 「モデナ・モーター・ギャラリー」は超絶マニアなカーイベントだった!!

ここから本文です

オタクの祭典! 「モデナ・モーター・ギャラリー」は超絶マニアなカーイベントだった!!

■スーパーカーの故郷モデナで毎年開催されるモーター・イベント

 コロナ禍の感染拡大防止自粛が解け、ヨーロッパ内で漸くクルマのイヴェントが動き出した9月26日/27日の2日間、モデナで第8回目となるクラシックカー、バイク関連のイベント「Modena Motor Gallery(モデナ・モーター・ギャラリー)」が開催された。

モデナの自動車文化を支えてきた「叩く男たち」

 モデナといえばフェラーリ、マセラティ、そして少し離れてパガーニと名だたるスーパーカーメーカーが近辺に集中している。隣の県であるボローニャには、ランボルギーニやバイクメーカーであるドゥカティがある。モデナはそんな都市なので、クルマ産業を支えている大小の企業、腕の良い職人たちの工房が沢山存在している。

 このモデナ・モーター・ギャラリーが他のイベントと異なるのは、モデナの人たち・コレクター・職人・マニアたち自らが、個人レベルでもこのイベントを支えようと一肌脱いでいるところだ。まだ小さい規模だが、エンジンの街モデナ、ここでしか見られない、ここでしか感じられない光景が並んでいる。

 さて、イベント会場に話を戻そう。

 先ず、入り口付近の長蛇の列に驚き! 誰もこんな光景は想像もしていなかっただろう。

 クルマ・バイクマニアは長い間の自粛生活を経て鬱憤がたまり、少しでも早く趣味の世界に浸りたかったのだろう。ここに来れば、憧れのクルマを見る事ができる、部品探索もできる、それになんといっても、同じ趣味を持つ大勢の知り合いに会って、情報交換ができる。

 ロックダウンの間、それぞれがどのように過ごして来たか……などなど。この列を見て、クルマ・バイクがどんなに人を惹きつける魅力があるものなのか改めて思った。

 勿論コロナ感染防止対策は万全だ。手の消毒、体温検査、1メートルの距離間保持、また一人一人の氏名、連絡先は筆記厳守。緊急時は連絡が取れるようになっていた。

 会場に入り、すぐ目に入ったのが1/43のフェラーリのミニカーコレクションだ。9メートルに及ぶコレクションの陳列には、エンツォ・フェラーリ自身のクルマを通しての人生が詰まっていた。

 それは1917年7月19日、免許とりたてのエンツォ・フェラーリがCAESARのハンドルを握った時から始まる物語が、100台以上のクルマで彩られていたのだ。

 1950年のF1参戦からは、ドライバーチャンピオンのミニカーには黄色のプレート、コンストラクターチャンピオンのミニカーにはグレイのプレートが敷かれていた。これを見て、「2020年モデルはどうなるんだろうか」と来場者は呟きあっていた。「今年は黒のプレートだな」、「今年は外した方が良いな」など。今年の結果を見ると、それも仕方ないが、なかなか厳しい呟きだ。

 製作者のエリス・セルネージは、モデナの街に生まれ、フェラーリと共に育ってきた。ひと目でわかるエンツォ・フェラーリの歴史を自分の手で! ということでこのコレクションを作り始めたという。

 エンツォ・フェラーリの歴史を追っている彼としては、100年の長い歴史のなかでは悪い時もあり良い時もある。今年の成績は振るわなかったけれど、それは歴史のなかでは通過点。重要なのはこれからも参戦し続けることだ、と語っていた。

■過去最高の集客を記録したイベントとは?

 1958年から1964年にかけて開催されたフォーミュラージュニアを集めたブースも興味深かった。

 当時、世界中に100以上のメーカーが存在したというフォーミュラーカー。自動車愛好家クラブ「スクーデリア・タツィオ・ヌヴォラーリ」の協力を得てイタリア全国から15台のイタリア製フォーミュラーを集めたという。

 タイトルはまさしく「イタリアン・ジョブ」。皆個性的なクルマばかりだった。

 その他、アルファ ロメオ110周年記念として、「スパイダー」のシリーズと共にアルファ ロメオの貴重な1台、1926年製「RL Super Sport」の展示があった。

 今年、モデナの自動車の歴史には欠かせない、スタングエッリーニ家のフランチェスコ・スタングエッリーニが亡くなった。フェラーリ以前にレースの世界で活躍したモデナの自動車メーカーだ。

 スタングエッリーニがモディファイした「Balilla Coppa d’Oro」と共に彼の追悼をおこなった。モデナでおこなうイベントならではの心遣いだ。

 そして注目のレストア部門。錚々たるスーパーカーを支えているレストアのスペシャリストたちがブースを構えていた。

 半世紀以上、アルミニウムを叩き続け、レストアには欠かせない板金職人、数々のスーパーカーを手掛けて来た内装職人、シャシ製造専門職人、ワイヤーハーネス職人、その他、レストアを支えるあらゆる業界の人たちが集まっていた。

 まさに自動車業界の縁下の力持ち、車業界にはなくてはならない人たちだ。しかもブースには実際に自ら手を動かしている人たちが立っているので、話をするだけでも面白い。

 各クラブや愛好家のブースのなかには、巨大なDUKW水陸両用車が展示されていた。ノルマンディ上陸に使われた実物だという。しかも聞くと個人所有とのこと。やはりこのスケールはモデナでしか見られないだろう。

 屋外の青空市では、究極のマニアが好む宝物、ガラクタの世界が広がっていた。そんなガラクタを前にして来場者たちはみな笑顔だ。売る方も買う方もクルマだけのつながりで話が弾む。コロナ禍の中でホッとする微笑しい光景だ。

 イベント主催者のマウロ・バッタリア氏は、コロナ禍のなか、来場者数が去年の130%を超えた今回のモデナ・モーターギャラリーの感想をこう語った。

「誰もが、この記録的数字が弾き出されるとは思ってもいなかった。今回は特にソーシャルメディアに力を入れたことがこの結果につながったのだろう。

 若い人達も増えて来た。長い間の自粛生活を経て、今回のイベントで趣味の世界は生きる活力になると再確認もできた。パッションはコロナウイルスには負けない力を持っている。

 来年もイベントのコンテンツに力を入れ、今年以上の来場者を集めたいと思っている」

 地道にクルマ文化を陰で支えている人たち、そしてそれを待っているマニアの集まり、それがまさしくモデナ・モーターギャラリーではないだろうか。

・取材協力:Modena Motor Gallery

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します