サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【特集】マーク・ウェーバーが自叙伝で激白。セバスチャン・ベッテルとの決定的な亀裂を生んだ“マルチ21事件”

ここから本文です

 2013年3月24日、F1マレーシアGP。レッドブルのセバスチャン・ベッテルは、チームオーダーを無視してチームメイトのマーク・ウェーバーをパスし、優勝を飾った。後に“マルチ21事件”と呼ばれる7年前の出来事を紐解いていく。

 ベッテルとウェーバーは2009年からチームメイトとなったが、マルチ21事件が起きる前からその関係は微妙なものとなっていた。

■事件は表彰台裏の控え室で起きていた! F1クールダウンルーム名場面集

 というのも、ベッテルはレッドブルの育成プログラムが生んだ最初のスター選手であり、既に2010年から3年連続でドライバーズタイトルを獲得していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ