サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本板硝子、バッテリーセパレーター事業を米国エンテックに譲渡

ここから本文です

 日本板硝子(NSG)は10日、バッテリーセパレーター事業を米国エンテックに譲渡すると発表した。譲渡株式数は3万5千株。譲渡価格は非公表だが、約46億円の譲渡益を見込む。8月をめどに譲渡する。

 NSGのバッテリーセパレーター事業を吸収分割により、同社が新設する日本板硝子コンパス(NSGC)に継承させたのち、NSGCの全株式をエンテックが国内に設立するエンテックジャパンに譲渡する。

AGC、セントラル硝子との事業統合を中止

 NSGは、譲渡益の一部をエンテックジャパンに出資する。取締役を派遣するなどエンテックとともにバッテリーセパレーター事業を運営する。

おすすめのニュース

サイトトップへ