現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】この巨体でも意のままの操縦性が気持ちいい! ヴェルファイアの走りはアルファードとはまったく別モノだった!!

ここから本文です

【試乗】この巨体でも意のままの操縦性が気持ちいい! ヴェルファイアの走りはアルファードとはまったく別モノだった!!

掲載 24
【試乗】この巨体でも意のままの操縦性が気持ちいい! ヴェルファイアの走りはアルファードとはまったく別モノだった!!

 この記事をまとめると

■新型トヨタ・ヴェルファイアに試乗した

実車に乗って徹底チェック! 新型アルファード&ヴェルファイアの室内空間と使い勝手に死角なし!!

■2.4リッターターボエンジンはヴェルファイアにしか設定されていない

■巨体のハイエンドミニバンでありながらドライバーズカーに仕上げられている

 279馬力の2.4リッターガソリンエンジンはヴェルファイアだけ

 いま大注目の4代目新型アルファードについて、概要やパッケージ、そしてエグゼクティブラウンジのE-Fourの試乗記を紹介したが、ここではある意味”復活”を遂げたと言っていい、3代目となる新型ヴェルファイアの試乗記をお届けしたい。

 今回の新型ヴェルファイアの最大の特徴は、従来の”見た目だけ差をつける”というアルファードとヴェルファイアの関係を覆したことだ。TNGA GA-Kプラットフォーム、ボディサイズ、インテリアなどはアルファードと基本的に共通だが、パワーユニットは2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドに加え、アルファードにはない2.4リッターガソリンターボ、279馬力、43.8kg-m+8ATを2WD/4WDの駆動方式で用意。

 タイヤはトヨタとダンロップが共同開発した専用のスポーツタイヤ、225/55R19サイズのSP SPORT MAXXを、全車7人乗りのエグゼクティブラウンジおよびZプレミアの両グレードに履かせているのだ。

 さらに、アルファードと共通のボディ剛性先代比約50%増しの基本ボディ補強に加え、ヴェルファイアはフロントサイドメンバーとラジエーターサポートをつなぐフロントパフォーマンスブレース、専用チューニングサスペンションを採用することで、走りにこだわるドライバーに納得できる応答性に優れたハンドリング、気持ちのいい走りを実現できるようこだわったというのである。

 つまり、ショーファーカーにも適したアルファードに対して、こちらは走りに特化したハイエンドミニバン、ドライバーズーカーへと変貌を遂げ、差別化が図られたことになる。

 まず試乗したのは、ヴェルファイアのZプレミアのガソリンターボ、2WDモデルだ。見た目よりずっとサポート性に優れたフロントシート、ダブルAピラーによる斜め前方の視界の良さ、クルーザーをイメージしたというインパネから幅広なセンターコンソールにつながるインテリアデザインに納得しつつ走り出せば、279馬力、43.8kg-mを発揮するターボエンジンは意外なほど静かにスムースにまわり、気持ちよく発進する。

 ステアリングはアルファードのエグゼクティブラウンジと比べ、はるかに引き締まり、応答性の良さや操舵フィールのスムースさもなかなかだが、2WDならではの軽快感もある。19インチのスポーツタイヤを履く乗り心地は、たしかに段差の乗り越えでは突き上げはあり、荒れた路面でゴツゴツするものの、鋭利な段差の乗り越えでショックを受けても強靭なボディ、足まわりがしっかりと受け止め、ガツッときたショック、振動を1発で収めてくれるから、これも新型ヴェルファイアのスポーツミニバンたるキャラクターからすれば、あまり気にならない。どころか、ドイツ車的な硬質な乗り味だと、好感をもって受けとめるユーザーもいるに違いない。

 ターボエンジンは低回転域からトルキーで、高回転まで伸びやかにまわり、車重を感じさせない強力なパワーフィールを味わわせてくれる。2180kgという、新型アルヴェルのなかで軽量な部類の車重も功を奏しているはずで、動力性能に過激さはないものの、文句なしに速い(最軽量はアルファードのガソリンZの2WD=2060kg)。しかも、キャビンに進入するエンジンノイズは”こもる”低域が抑えられ、主に高域のため、トヨタの4気筒エンジンとしては例外的(!?)な、雑味のない抜け感ある気持ちいいエンジンサウンドが耳に届く。

 エグゼクティブラウンジにある多彩な防音材の一部はこのZグレードには採用されていないものの、「だからなんだ!」というスポーティなテイストは、より新型ヴェルファイアのキャラクターに合っているとも言えるのである。しかも、ロードノイズの抑え込みは想定外だったそうで、実際、大径19インチのスポーツタイヤにして、タイヤに起因するロードノイズは極めて小さい。

 エグゼクティブラウンジといえど走りキャラは健在

 次に試乗したヴェルファイアはエグゼクティブラウンジのハイブリッド、E-Fourモデルだ。価格的には892万円と、新型アルヴェルでもっとも高価なモデルとなる。ちなみにこの試乗車はブラックボディにスモークメッキの巨大グリルを合わせているのだが、その顔つきの迫力はただものではない。さらに言えば、ブラックボディ+漆黒メッキのZプレミアの顔、全身真っ黒な佇まいは、カスタムカー真っ青なほどの”ワルさ”の持ち主と言っていい。

 そんなヴェルファイアのエグゼクティブラウンジE-Fourの走りは、パワー感では70kg軽量かつパワフルさが売りのガソリンターボには敵わないものの、4WDを生かした重厚な上質感と、安定感、直進性の良さ、そしてもちろんハイブリッドならではの燃費の良さ(WLTCモードはガソリンターボの2WDの10.3km/Lに対して4WDでも16.5km/L)がポイント。

 しかし、アルヴェルとして最上級のエグゼクティブラウンジシートを備えたグレードでありながら、乗り味は決してアルファード寄りにはなっていない。19インチタイヤを履き、フロントパフォーマンスブレードや専用チューニングサスペンションが奢られているから当然と言えば当然で、徹底したフラット感が持ち味だが、じつは先に乗ったZプレミアの2WDモデルより、路面、段差によっては1/2列目席ともに硬く感じられるシーンがあったのだ。

 その理由は明快で、アルファード同様で、このヴェルファイアでもE-Fourのようなさらなる重量級グレードのサスペンションは、車重増に合わせて一段と締め上げられているからである。

 ごく一部の路面、段差で硬さを感じさせる一方、ヴェルファイアのE-Fourモデルは、驚くべきマナーを身に着けていた。それはE-Four=四輪駆動を生かしたカーブ、レーンチェンジ時の特筆すべき重心の高さを感じさせない安定感の高さに伴う、極めて水平感覚の車両の動きだ。ドライバーであればまるでスポーティカーのような、水すまし感覚の挙動に驚かされ、「気持ちいい」のひと言になるだろうし、後席で寛ぐ乗員であれば、レーンチェンジしたことに気づかないほど……というハイレベルなレーンチェンジをこなしてくれるのである。

 アルファードに対してより重厚でしっかりとした運転感覚を堪能させてくれるヴェルファイアだが、アルファードのF-Four、ヴェルファイアの2WD、E-Fourを乗り比べてみると、もっとも車体の大きさを感じさせない、巨体のハイエンドミニバンにしてステアリングの応答性の良さや操縦性の人車一体感を感じさせてくれたのはヴェルファイアのほう、ということになる。

 このリポートはあくまで一般ユーザー、ファミリーユーザー向けに発信しているのだが、筆者の個人的印象を述べさせてもらえば、価格、装備を含め、アルファードなら意外にいい乗り味を示す18インチタイヤ装着のハイブリッドZのE-Four、ヴェルファイアならガソリンターボのZプレミア4WDに惹かれる。エグゼクティブラウンジの素晴らしさを認めつつも、さすがに850万円オーバーでは高嶺の花すぎるが……。

こんな記事も読まれています

マイチェンしたホンダ ステップワゴンは新CVT&アイドルストップ採用でクラストップの燃費性能に【10年ひと昔の新車】
マイチェンしたホンダ ステップワゴンは新CVT&アイドルストップ採用でクラストップの燃費性能に【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
6ライトの気品あるスタイルが魅力的!フジミ製プラモ「Y31グロリア」をセダン・ブロアム化!後編【モデルカーズ】
6ライトの気品あるスタイルが魅力的!フジミ製プラモ「Y31グロリア」をセダン・ブロアム化!後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ポルシェ『911ターボ』を初代モチーフにカスタム…新プログラム:ゾンダーヴンシュ
ポルシェ『911ターボ』を初代モチーフにカスタム…新プログラム:ゾンダーヴンシュ
レスポンス
加藤正将がTCRジャパン最終戦でヒョンデ・エラントラN TCRにスイッチ。その理由と感触は
加藤正将がTCRジャパン最終戦でヒョンデ・エラントラN TCRにスイッチ。その理由と感触は
AUTOSPORT web
なぜ教習所で「ポールを用いた縦列駐車」を教える? 公道には“ポール”ないのに… 路上では「あまり役立たない」教習が必要な理由とは
なぜ教習所で「ポールを用いた縦列駐車」を教える? 公道には“ポール”ないのに… 路上では「あまり役立たない」教習が必要な理由とは
くるまのニュース
【MotoGP】ホンダ離脱のマルク・マルケス、サンクスデー参加し11年の感謝伝える「ありがとう。ホンダはずっと僕の心に残り続ける」
【MotoGP】ホンダ離脱のマルク・マルケス、サンクスデー参加し11年の感謝伝える「ありがとう。ホンダはずっと僕の心に残り続ける」
motorsport.com 日本版
BMW新型R1300GS試乗「巨体に騙されるな!オンではネイキッドのように振り回せ、オフでは600cc並の自在感」
BMW新型R1300GS試乗「巨体に騙されるな!オンではネイキッドのように振り回せ、オフでは600cc並の自在感」
モーサイ
復活の2ドアクーペ、ホンダ新型プレリュード まずはハイブリッド搭載でデビューへ!
復活の2ドアクーペ、ホンダ新型プレリュード まずはハイブリッド搭載でデビューへ!
グーネット
「園児バス置き去り」撲滅に向かって状況改善中 でも安全装置設置に反対意見も いったいなぜ?
「園児バス置き去り」撲滅に向かって状況改善中 でも安全装置設置に反対意見も いったいなぜ?
Merkmal
アウディQ8 スポーツバック e-tronがさらにしなやかに、扱いやすく進化。「ハイエンドSUV」の新時代を切り拓く【試乗】
アウディQ8 スポーツバック e-tronがさらにしなやかに、扱いやすく進化。「ハイエンドSUV」の新時代を切り拓く【試乗】
Webモーターマガジン
アウトドア志向の装備を満載したフィアット・パンダの特別仕様車「パンダ・クロス4×4」が限定発売
アウトドア志向の装備を満載したフィアット・パンダの特別仕様車「パンダ・クロス4×4」が限定発売
カー・アンド・ドライバー
D-SPORT、ダイハツ・ロッキー用『ラリーマッドフラップ』発売。ラリチャレ参戦車も装着
D-SPORT、ダイハツ・ロッキー用『ラリーマッドフラップ』発売。ラリチャレ参戦車も装着
AUTOSPORT web
「新幹線、近っ!!」猛スピードを真横で体感 北陸新幹線の新名所を超える高速道路のド迫力スポットとは?
「新幹線、近っ!!」猛スピードを真横で体感 北陸新幹線の新名所を超える高速道路のド迫力スポットとは?
乗りものニュース
ホンダの全長4.3m級「小型SUV」で「車中泊」は可能!? 「ヴェゼル」ならできても新型「WR-V」は「無理」? 2モデルの違いとは
ホンダの全長4.3m級「小型SUV」で「車中泊」は可能!? 「ヴェゼル」ならできても新型「WR-V」は「無理」? 2モデルの違いとは
くるまのニュース
3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした
3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした
Auto Messe Web
巨匠リドリー・スコットがホアキン・フェニックス主演で“戦の天才”の生涯を描く『ナポレオン』
巨匠リドリー・スコットがホアキン・フェニックス主演で“戦の天才”の生涯を描く『ナポレオン』
バイクのニュース
F1の予選フォーマットは「時代遅れ」とアロンソ。トラフィックの管理やトラックリミットなどのストレスに辟易
F1の予選フォーマットは「時代遅れ」とアロンソ。トラフィックの管理やトラックリミットなどのストレスに辟易
AUTOSPORT web
TOM'S、オリジナルの素晴らしさをそのままに圧倒的な存在感を 「LEXUS IS500」用「TOM’S スタイリングパーツセット」発売
TOM'S、オリジナルの素晴らしさをそのままに圧倒的な存在感を 「LEXUS IS500」用「TOM’S スタイリングパーツセット」発売
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

24件
  • 商業ワンボックスに操縦性だのパワーだのを求めてどーすんだよw
  • 両方とも貨物車ベースのバン。
    重心が高いボディーと四輪リーフリジッドの特性は消せないだろ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

655.0892.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.01999.0万円

中古車を検索
ヴェルファイアの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

655.0892.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.01999.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村