サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > レクサスUX、数々の新技術投入でコンパクトクロスオーバー市場のヒット作となるか

ここから本文です

レクサスUX、数々の新技術投入でコンパクトクロスオーバー市場のヒット作となるか

ジュネーブモーターショーにおいて、プレミアムブランド「レクサス」は新型SUVの「UX」を送り出した。ハイブリッドパワートレインや基本骨格を全面的に見直した新世代プレミアムSUVということで期待を集める。

フラッグシップセダンとしては異例にスポーティな新型「LS」の衝撃も冷めやらないなか、レクサスが二の矢として繰り出したのが、プレミアムコンパクトSUVのブランニューモデル「UX」だ。このカテゴリーでは後発となるだけに、UXに盛り込まれた新機軸はDirect Shift-CVT、新開発の2リッターハイブリッドシステム、GA-Cプラットフォームなど多岐にわたる。

レクサス最小クロスオーバー「UX」発表。日本発売は2018年冬頃

なかでも一番の注目は、Direct Shift-CVTの採用だろう。ベルトとプーリーで駆動力を伝えるCVTは、燃費面で一般的なATに勝る利点を持つ一方、エンジン回転の上昇からワンテンポ遅れて車速が上がる独特なフィーリングのため、走りに上質感が求められるプレミアムセグメントではこれまで採用が進まなかった。しかし、Direct Shift-CVTは発進用のギアを組み込むことで、アクセル操作に対するもたつき感も改善し、スムーズな発進性能を実現する。発進加速の違和感を減少させたうえで、燃費性能と走行性能の両立を図ったのが注目に値するポイントだ。

さらに、UXは新開発の2リッターハイブリッドシステムを搭載。プリウスの技術を基礎に排気量をアップしたことで、モアパワーのニーズに応えるシステムとなっている。また、この2リッターエンジンは世界トップレベルの熱効率を達成しており、それにモーターと組み合わせられることで、効率の高さでは鬼に金棒というべきパワートレインに仕上がっている。

こうした新技術のベースとなるのは、新世代アーキテクチャーによって高剛性化と低重心化を達成したGA-Cプラットフォームだ。これにより、UXはプレミアムセグメントにふさわしい乗り心地とSUVの枠組みを超えたハンドリングを追求している。全高が1520mmに抑えられたのも立体駐車場の多い日本での使用においては朗報といえるだろう。

全方位の進化が追求されたUX。国内発売は2018年冬頃が予定されている。トヨタブランドのC-HRがヒットしている状況を見ると、レクサスならではのプレミアムな価値が盛り込まれたUXもまた、コンパクトクロスオーバー市場の人気モノとなることが予想される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します