サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > KTMクロスボウのGT2モデルが2020年内デビューへ。ポルシェ、アウディに続く3車種目

ここから本文です

KTMクロスボウのGT2モデルが2020年内デビューへ。ポルシェ、アウディに続く3車種目

KTMクロスボウのGT2モデルが2020年内デビューへ。ポルシェ、アウディに続く3車種目

 KTMとライター・エンジニアリングは、開発が噂されていた『クロスボウ(X-Bow)』ベースのGT2カーを発表した。この新型レーサーは2020年後半にデビューする予定だ。

 2.5リットルのアウディ製5気筒エンジンが搭載されるクロスボウGT2は、ポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツとアウディR8 LMS GT2が登場しているSROモータースポーツ・グループの“GT2カテゴリー”に加わる3台目のニューモデルだ。

ライター製KTM GT2カー誕生の可能性も。コンセプトGTが開発中

 ドイツの名門チューナーで、過去にはランボルギーニのオフィシャルパートナーとしてガヤルドのGT3カーを開発・製造していたライターは以前、Sportscar365が報じたように、クロスボウGT4をベースにした“コンセプトGTカー”プログラムに取り組んでいた。しかし、同モデルは当初、SROの新しいカテゴリーに求められる700馬力という出力レベルを満たすことに懸念があった。

 ライターによれば、クロスボウGT2のパワーは目標値には届いていないものの、アウディのGT2モデルと同様に約600馬力を発揮。約1000kgという軽量設計を実現させたことで、SROの目標とするパワーウエイトレシオに対応しているという。

 また、このクルマのテストバージョンは、2019年8月にスペイン・バルセロナで行われたハンコック24時間で初めてレースを行い、その後も開発が続けられていたことが明かされた。

 KTMはGT2とGTXというふたつの仕様のクルマを市場に提供する。GTXはSROが設定するバランス・オブ・パフォーマンス(BoP)が適用されないクルマで、SROシリーズ以外のトラックデーでの使用を目的とした、サーキット専用の無制限モデルだ。

 オーストリアのメーカーが最初のロットとして製造する20台は2020年後半にも販売される予定だが、ライター・エンジニアリングのゼネラルマネージャーを務めるハンス・ライターによれば、GT2モデルではSROによる最終的な公認を受ける必要があるという。

「我々の目の前にはエキサイティングな時代があると確信している。KTMクロスボウGTXと、クロスボウGT2は世界中のカスタマーやチームに熱烈に受け入れられるだろう」とライターは述べた。

 なお、新型マシンの技術的な詳細と価格については後日、正式にアナウンスが行われる。GT2仕様は今秋開催予定のSROイベントで初レースを迎える予定だ。

 KTM取締役のフーベルト・トゥルンケンポルツは「KTMクロスボウGT4の世界的な成功に続き、ADAC GT4ドイツの現チャンピオンとして私たちは今、新しいレーシングカーで次の一歩を踏み出した。そして、我々はすぐに、より高いクラスで競争を行う」と語った。

「モータースポーツでは経済的で効率的な小型エンジンでより速く走るために、優れたパワーウエイトレシオとなる開発に焦点を当てる必要がある」

「また、このプロセスから得た知識も、シリーズ開発に組み込む必要があるんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します