サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 内田社長「想定下回る販売が一番の原因」…通期営業利益を850億円に下方修正

ここから本文です
日産自動車は2月13日、2020年3月期の第3四半期(4~12月期)連結決算を発表した。米国での販売再建による台数減や為替の円高などで営業利益は前年同期比82.7%減の543億円と大幅な減益になった。通期予想は第2四半期時点に続いて下方修正した。

第3四半期のグローバル販売は、6%減の369万7000台だった。海外は中国(1~9月実績分)が市場の落ち込みより減少幅が少ない0.4%減の109万台と堅調だったが、米国での販売正常化に取り組む北米は10%減の128万台と低調だった。日本は軽自動車が伸びたものの新モデルに乏しい登録車は苦戦し、全体では7%減の38万台だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ