サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECバーレーン:初日はレベリオン最速。トヨタ勢は苦戦も、決勝見据える

ここから本文です
 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦となるバーレーン8時間レース。初日のフリー走行では、レベリオン・レーシングの1号車が最速となった。

 今回、トヨタの7号車は2.51秒、8号車は2.72秒相当の重いサクセス・ハンディキャップが適用されている。前戦上海で優勝したレベリオン1号車は1.36秒、チームLNTのジネッタ5号車は0.24秒のハンディキャップとなっており、ジネッタ6号車はハンディキャップなしとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ