サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ユーザーの声を反映した「JPN TAXI」 具体的にはどのような改善がなされたのか

ここから本文です

■誰もが使いやすいタクシーを目指すトヨタの姿勢とは

 トヨタは、『さまざまなお客様に快適な移動を』との想いで、2017年10月に「JPN TAXI」を発売。次世代のタクシーとして、1年半が経った現在では約1万台が走っています。

なぜ乗車拒否に発展? トヨタ「JPN TAXI」導入開始から1年半 不満に対する改善策とは

 急速に普及した反面、問題点も存在。車いす乗降用スロープの設置作業が複雑なため、乗車完了まで約10分から約15分掛かることが問題となり、車いす利用者やタクシー事業者から改善要望が出されていました。

 今回、トヨタは2つの改善方法を発表しました。ひとつは、既に街中を走っている既販車で、車いすの乗降性を高める改善を実施。

おすすめのニュース

サイトトップへ