サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昔はタイヤがまる見えだった! いまのクルマの「ホイール」と「フェンダー」の隙間が減ったワケ

ここから本文です

 クリアランスは少なくなってきている

 最近の日本車は、スポーツカーにしても、SUVにしても、じつにカッコ良くなった。このカッコ良さという感覚は、デザインのバランス感を意味する。

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

 カーデザイナーは「タイヤをボディの4隅にしっかり置いた、収まりの良いバランス感」といった表現をよく使う。つまり、クルマの足もとは、クルマ全体の印象に大きな影響を及ぼす。

 そこでよく話題に上るのが、タイヤ・ホイールとフェンダー部との隙間(クリアランス)についてだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン