サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > レイズ、新色のボルクレーシングG025の新色をスープラに! 静粛性を追求したVMFは打音で比較もOK…東京オートサロン2020

ここから本文です
純日本製で世界のレースにも挑む自動車用ホイールメーカー、レイズ。東京オートサロン2020のブースは、最前面に4台のデモカーを並べて展示。「この4台のなかでもイチオシはボルクレーシングG025を履かせたトヨタ『スープラ』。初めて発表する新色」という。

2×5デザインのボルクレーシングG025は、鍛造1ピースホイールで安全規準 JWL R スペック2 をクリアしたモデル。スポークは「まるで美しいハイヒールのよう」という5mm幅。最新の5軸加工機で、ウェイトレスホールをボルトホール横、スポーク付け根の2か所に置いているのも特長のひとつ。

おすすめのニュース

サイトトップへ