サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドイツ・ブランドをアピールして「オペル」が日本にカムバック、そしてその歴史

ここから本文です

ドイツ・ブランドをアピールして「オペル」が日本にカムバック、そしてその歴史

2006年に日本を撤退した「オペル」が再び日本市場に帰ってくる。オペルは2020年2月18日に、東京都内でメディア向けの発表会を開催し、最初の投入車種が明らかになった。また日本語のオペルWEBサイトもオープンした。

オペルとは

ホンダ「シビック タイプR」がマイナーチェンジ 限定軽量モデル「リミテッド・エディション」も発売予定

オペルは1899年に創業した有数の歴史ある自動車メーカーで、第1次世界大戦前に貴族や富豪向けではなく医者など自営業者用の「ドクトルヴァーゲン」がヒット。小型で小回りの効く小型車から、メルセデスに比肩するラグジュアリーカー、高性能レーシングカーまでを製造する有力メーカーであった。

第1次大戦後には「アマガエル」という愛称で呼ばれ低価格でコンパクトなピープルズカーを生産し大ヒットした。そして現在でもオペル車はヨーローッパでは確固とした存在感を持っている。オペルの企業ステートメントは「我らは自動車とともに生きる」だ。

日本市場への攻勢

来日したオペルのミヒャエル・ローシェラーCEOは、「日本の市場は世界でも3番目の規模を持つ市場です。そしてオペルはドイツ車として高い評価を世界各地で得ています。だから、日本市場への再参入は、グローバル市場進出によるビジネスの拡大の重要な一歩と考えています」と語った。

オペル本社は、2021年後半日本市場へ再参入し、さらなる国際市場への攻勢のシンボルとし位置付けている。現在、オペルはフルラインアップの車種を展開しているが、日本市場へはドイツでベストセラーの座を争うCセグメント・ハッチバックの「コルサ」、多用途ファミリーカー(MPV)の「コンボ・ライフ」、CセグメントのSUV「グランド・ランドX」の3車種を導入する。もちろん、これ以後は順次モデル・ラインアップを拡大する計画だ。

オペルの電動化戦略

実はオペルは電動化戦略をいち早く採用しており、「コルサ」は、電気自動車モデル、内燃エンジンモデル、「グランド・ランドX」は内燃エンジン・モデルとPHEVモデルをラインアップしており、こうした電動化モデルも国内に導入する。さらに内燃エンジン・モデルもガソリンとディーゼルの両方をラインアップする計画だ。

もちろん2021年のオペル・ブランドの販売開始を前に、今後数ヶ月をかけて、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸など主要都市に販売ネットワークを構築。2023年には日本の人口面積比で80%以上のエリアをカバーするる販売店網を作り上げるとしている。

なおオペルは、日本においては徹底的にドイツ・ブランド、ドイツ・デザインを訴求する。そのため、販売店は「オペル AUTO HAUS(アウト・ハウス)」とドイツ語表記とする。

また、オペルはヴォクソールと合わせて、「持続的に収益を上げ、電動化を進め、グローバルでのポジションの確立」をテーマに、2020年代の半ばまでにヨーロッパ以外のマーケットで全生産台数の10%の販売台数を確保することが必達目標となっている。そのためオペルは既に日本以外にロシア、アジア、アフリカ、南米にも販売地域を拡大しており、2022年までに20カ国に進出するという。もちろん今後は中国市場への参入も大きなテーマだろう。

オペルの歴史

オペルは、企業としては荒波に翻弄された歴史がある。世界的な金融恐慌によりオペルはアメリカのGM傘下となり、GMのヨーロッパの拠点となった。第2次世界対戦後は「カデット」を開発し、フォルクスワーゲン・ビートルと激しい販売競争を展開するなど大きく成長し、大型の高級モデルまでラインアップするフルラインメーカーにまで拡大している。

その後はGMのグローバル・プラットフォーム戦略により、オペルが開発したFRプラットフォームを使用してオペル「カデット」、日本のいすゞ「ジェミニ」、シボレー「シェベット」などを生み出している。

しかし、本家GMの破産とその後の再建過程ではオペルの売却も検討されたが、GMのヨーロッパ市場計画が不明確で、オペルは縮小均衡経営を強いられた。だが、現在のGMのメアリー・バーラ会長がヨーロッパからの撤退を決断し、2017年にGM傘下のオペル、ヴォクソールはPSAグループに売却された。いうまでもなく、そのPSAはFCAグループと合併することが2020年に決定し、オペルは巨大クループの中核ブランドとして脚光を浴びることになったのだ。

関連記事:プジョー/シトロエンがGMからオペル/ボグソールを買収

GM時代の後半は、オペルはヨーロッパ地域限定のブランドとされてきたが、PSAグループの中で、新たなグローバル・ブランドと再定義され、世界の各市場への進出が決定したのだ。もちろん、その中には、日本も販売台数は少ないものの重要な市場とされている。

なお現在のオペルの財務状態は予想より早く黒字化を達成し、想定以上の収益を上げ、営業利益率も4%台まで復帰。今後は6%台を目指すとしている。

その一方で電動化攻勢も積極的で、20億ユーロ(2373億円)を投資して、ラインラント=プファルツ州のカイザースラウテルン市に巨大バッテリー工場を建設中だ。コルサEV用に換算して50万台分のバッテリーを生産できる能力を持つというから驚異的であり、EV化、PHEV化をリアルに推進していくことが理解できる。

日本のオペル

日本において、オペルは第2次世界大戦前には、日本GMがオペル車を販売したが、戦争が始まり日本GMは撤退した。大戦後は1950年代から東邦モーターズが輸入代理店となり、オペルを販売した。

またGMとの提携関係にあったいすゞも1989年からオペルを販売。そして1993年からはヤナセが輸入権を獲得し、販売を行なった。コンパクトカー「ヴィータ」は国内で人気モデルとなり、輸入車としては異例のヒットを記録。1996年には販売台数は3万8000台に達するまでに至った。

しかし2000年には、日本GMがインポーターとなり、オペルの小型ミニバン「ザフィーラ」が、スバルから「トラヴィック」として発売。しかし日本GMのオペル販売戦略は破綻し、2006年に日本市場から撤退している。

このように、オペルは古くから日本では知られたブランドだが、取り扱い輸入会社の変遷や販売網の不備などが原因で撤退を強いられたといえる。

だが、今回のカムバックでは、既存のPSAグループの販売ネットワークが活用でき、近い将来にはFCAジャパンの販売ネットワークの利用も構想でき、販売ネットワークでのポテンシャルはかなり期待できる状況にあると言えよう。

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

オペル・ジャパン 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します