サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミニバン・オープンカー・ワゴンはいつ生まれた? ボディタイプ別初めての国産車4選

ここから本文です

ミニバン・オープンカー・ワゴンはいつ生まれた? ボディタイプ別初めての国産車4選

 初めて国産のガソリン車が登場したのは1907年

 ひと口にクルマといっても、ジャンルはさまざま。セダンだけでなく、ワゴンやミニバン、SUVなどなど、数は多い。今回はそれらにおいて、日本初のクルマがなんだったのかを見てみよう。

ファンでも知らないはじめの1台! 国産メーカー初の市販車とは?

 ちなみに国産車初はというと、蒸気自動車では1904年に岡山で作られた山羽式蒸気バス。そしてガソリン車では1907年の吉田式自動車、通称タクリーが最初となる。カール・ベンツの第1号車から約20年後に、量産ではないにしても国産車を作り出したのは驚くべきことだろう。

 1)セダン

 クルマの基本と言われるだけに、最初のクルマは簡単にわかりそうなものだが、じつは難しかったりする。当初のクルマは馬車から派生したボディ形状なので、いわゆる2ボックス。戦前のトヨダAA型などは当時、セダンと呼んでいたが、後ろにトランクが独立した3ボックスとなると、けっこうあと。

 丸くお尻が出っ張っている程度が多くて、はっきりとトランクが独立しているのは、1952年のプリンスAISH-Iあたりが最初となる。

 2)ミニバン

 乗用扱いの1ボックスではない、乗用専用の箱形バンがミニバンとすると、昨今の車種が消えて無くなってしまう騒動において「ミニバンの先駆者」と呼ばれるエスティマがルーツのように思える。

 初代登場は1990年なのでかなり早いが、マツダのMPVが登場したのは半年前のこと。さらに北米向けは1988年から作っており、ダントツに早い。

 もともとクルマに金属製の屋根はなかったがオープンを意識したのは……

 3)オープンカー

 セダンのルーツを探るのが難しいように、オープンも判断が難しい。ただ金属製の屋根がないというだけなら、最初に紹介した山羽号もタクリー号も、さらに初の量産車であるオートモ号もみんなオープン。もちろんスポーツカーだからではなく、馬車派生だったからというだけ。

 オープンドライブを楽しむためのスポーツカーという点では、1935年のダットサン14型ロードスターだろう。全長はたったの2790mmしかないが、2シーターオープンというコンセプトではある。

 4)ステーションワゴン

 ワゴン自体はけっこう古くて、車名についた初は1949年のダットサンステーションワゴンと思われるが、実質はライトバン。簡単に言ってしまえば、一部の装備と税金などの扱いを変えただけで、実際は商用車だった。このパターンは長く続き、今でもハイエースワゴンなどがあるが、いわゆる欧米流のステーションワゴンは1989年のレガシィが最初。もちろん、商用モデルはない乗用車のみという点で画期的だった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します