サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1の前”支配者”バーニー・エクレストン、2020年のF1は開催すべきではないと持論を語る「新型コロナに対する安全のために」

ここから本文です
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、F1は今季前半の8レースの開催を延期または中止することを発表した。これにより、現時点での開幕戦は、6月14日に決勝レースが予定されているカナダGPということになっている。

 ただこのカナダGPも、現在の予定通り開催できるかどうかは不透明な状況。新型コロナウイルスの感染は今も広がっており、夏までにレースを開催できるかも疑わしい。そんな状況にもかかわらず、F1のCEOであるチェイス・キャリーは、今季最大で18レースを開催できると信じていると語っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ