現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 航続距離は512km!完成度がさらに高まったレクサス初のピュアEV「UX300e」の実力

ここから本文です

航続距離は512km!完成度がさらに高まったレクサス初のピュアEV「UX300e」の実力

掲載 更新
航続距離は512km!完成度がさらに高まったレクサス初のピュアEV「UX300e」の実力

 レクサスブランドとして初のピュアEV、それが「UX300e」だ。2020年10月にデビューした時は、2020年度生産分135台の限定モデルだったが、その後、年次改良を重ね、EVとしての性能は向上。今ではレクサスブランドのグローバルコアモデルとして90以上の国と地域で、2022年12月時点で累計121万台を販売している。最新モデルは2023年3月に一部改良を受けた現行モデルでEVとしての完成度も高くなってきた。

最新の仕様では電池パックを新たに開発したことで、航続距離は512kmへ

日本各地を巡りたくなる!?NTBがキャンピングカー「EXPEDITION EAGLE Colemanモデル」を公開

 2020年10月デビュー当初の「UX300e」は、総電池容量54.4kwh、一充電航続距離は367km(WLTCモード)だったが、2022年10月の年次改良では、総電池容量を72.8kwhにアップ、航続距離も450km(同)まで延ばした。さらに車両本体もサイドドア、バックドア周辺のボディ開口部のスポット溶接打点を20点追加し、ボディー剛性が向上している。そのほか予防安全技術の機能も拡充した。出力やトルクの数値は変わらなかった。

 今回、試乗したモデルは2023年3月に公開された最新の仕様では電池パックを新たに開発したことで、航続距離が更に延び512km(同)に達している。さらに今回、クルマから家に電気を供給できるV2H(Vehicle to Home)に対応。これはクルマに蓄えた電気を自宅に供給できる仕組みで「V2H機器」をつなげることで充電と給電が可能になった。電力供給時間は約2.5日(満充電で消費電力400W時)。V2Hを備えたことで、補助金もアップする自治体もあるので、ユーザーにはうれしい改良だといえる。



「UX300e」は「バージョンe」(630万円)と「バージョンL」(685万円)がある。価格差はタイヤサイズ、セーフティ機能の一部、シート機能の一部などに違いがある。試乗したのはバージョンL。「300e」は2021年4月に試乗したのが最後だった。ということは、総電池容量54.4kwh、航続距離367kmの初期モデルということになる。

 当然、ボディーも溶接打点の増し打ちやリアサスのパフォーマンスダンパーも装備される前の状態だった。マイナーチェンジの効果は、ハンドルを握り、走り出して路面の突起を乗りこえた時に、体感できた。上下動の収まり速度としなやかさが違う。走り出しは、ドライビングモードを「NORMAL」にセットしたが、突起のこなし方がスマートになっている。



EV特有の静粛性を保ったままの加速

 コーナーでも姿勢の安定感が向上していた。とくに「Sport」モードでの走りは、やや重めの操舵力とアクセルを踏みこんだ時の安定感は、かなりハイレベル。「UX」は前輪駆動だが、リア部分の強化は運動性能の向上にかなり有効だったに違いない。



 EV走行に関してもスタートや加速中のメカニカルノイズは完全に抑えられている。最近のEVで流行している人為的な音づくりも行なわれていない。EV特有の静粛性を保ったままの加速が体感できる。



 もちろん不満がないわけではない。例えば自宅での200V充電では、充電容量の変化がつかみにくい。これは充電量をガソリンメーターのように目盛りで表示してあるのと、航続可能距離が数字で示してあるだけだから。というのも航続可能距離の表示が、エアコンを作動させると一気に50km近く減ってしまうのだ。この数字の減少幅も大きいが、運転者の不安も大きい。やはり世界的潮流の%での表示も併記してほしいところだ。

 充電に関しては、レクサスはディーラーに50kW以上の急速充電器や、150kWのレクサス充電ステーションを商業施設に設ける計画なので、これからに期待したい。「UX」はレクサスブランド最小のコンパクトSUVとして2018年11月にデビューした。すでに5年目を迎えようとしている。年次改良で、性能的にはアップデートされているが、インテリア設備のレイアウトなどは旧レクサス系のものが使われている。こちらのアップデートも実施してほしい。ドライブモードダイヤル、ETCの位置などいくつか気になった部分があった。



◆ 関連情報
https://lexus.jp/models/ux300e/

取材・文/石川真禧照  撮影/萩原文博

こんな記事も読まれています

サーブの血を引く電動セダン 量産化へ一歩前進 Nevs、カナダ企業へプロジェクト売却
サーブの血を引く電動セダン 量産化へ一歩前進 Nevs、カナダ企業へプロジェクト売却
AUTOCAR JAPAN
アルファロメオ・ジュリア/ステルヴィオの「クアドリフォリオ」が仕様変更を実施
アルファロメオ・ジュリア/ステルヴィオの「クアドリフォリオ」が仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
スズキが新型「スイフト」発売! 7年ぶりに世界戦略車を全面刷新! 初のマイルドHV×MT設定 172万円から
スズキが新型「スイフト」発売! 7年ぶりに世界戦略車を全面刷新! 初のマイルドHV×MT設定 172万円から
くるまのニュース
YFデザインによるグラフィックモデル「RX-7X TSUBASA/ツバサ」がアライから2024年2月中旬発売!
YFデザインによるグラフィックモデル「RX-7X TSUBASA/ツバサ」がアライから2024年2月中旬発売!
バイクブロス
エンジン車は「救命胴衣」 東欧ダチア(DACIA)が電動化に時間をかける理由 EVには消極的?
エンジン車は「救命胴衣」 東欧ダチア(DACIA)が電動化に時間をかける理由 EVには消極的?
AUTOCAR JAPAN
【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術
【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術
カー・アンド・ドライバー
ブリヂストン、次期フォーミュラEタイヤサプライヤーに決定! 2026-27年シーズンから2スペックのタイヤを供給
ブリヂストン、次期フォーミュラEタイヤサプライヤーに決定! 2026-27年シーズンから2スペックのタイヤを供給
motorsport.com 日本版
761馬力に大幅強化? アウディの最上位EV、改良へ 内外装も一新
761馬力に大幅強化? アウディの最上位EV、改良へ 内外装も一新
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」のこだわり内装カスタム3選。サロンカーにキャンピングカー、ウッディなレトロモダンからお選びください
トヨタ「ハイエース」のこだわり内装カスタム3選。サロンカーにキャンピングカー、ウッディなレトロモダンからお選びください
Auto Messe Web
F1がFIAと全面対立? メルセデス代表夫妻の利益相反疑惑に、全チームが一致団結して関与を否定
F1がFIAと全面対立? メルセデス代表夫妻の利益相反疑惑に、全チームが一致団結して関与を否定
motorsport.com 日本版
メルセデス・ベンツGLCクーペが初のフルモデルチェンジを敢行
メルセデス・ベンツGLCクーペが初のフルモデルチェンジを敢行
カー・アンド・ドライバー
ホンダに転職のアルプスアルパイン元社員、営業機密持ち出し疑いで逮捕[新聞ウォッチ]
ホンダに転職のアルプスアルパイン元社員、営業機密持ち出し疑いで逮捕[新聞ウォッチ]
レスポンス
「ガソリン安くなる!」けど、ナゼやらない? 「トリガー条項」凍結解除を議論へ 具体的な課題は何なのか?
「ガソリン安くなる!」けど、ナゼやらない? 「トリガー条項」凍結解除を議論へ 具体的な課題は何なのか?
くるまのニュース
キャブ車だからなのか! 冬のバイク、エンジンがかかりにくくなるのはなぜ?
キャブ車だからなのか! 冬のバイク、エンジンがかかりにくくなるのはなぜ?
バイクのニュース
トヨタ新型「ヴェルファイア」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? めちゃカッコイイ“エムズスピード仕様“登場
トヨタ新型「ヴェルファイア」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? めちゃカッコイイ“エムズスピード仕様“登場
くるまのニュース
バイク用Bluetoothインカム「B+COM」 SHOEIの装着機構「SHOEI COMLINK」対応の新型モデルを2024年に発売
バイク用Bluetoothインカム「B+COM」 SHOEIの装着機構「SHOEI COMLINK」対応の新型モデルを2024年に発売
バイクのニュース
佐藤琢磨に角田裕毅に岩佐歩夢と豪華ゲスト襲来! モビリティリゾートもてぎにてHRS-Kの特別講習会を開催
佐藤琢磨に角田裕毅に岩佐歩夢と豪華ゲスト襲来! モビリティリゾートもてぎにてHRS-Kの特別講習会を開催
WEB CARTOP
ブサ可愛いヒマラヤがはじめてのバイクで本当に良かった!Thanks,HIMALAYAN!〈with HIMALAYAN 最終回〉
ブサ可愛いヒマラヤがはじめてのバイクで本当に良かった!Thanks,HIMALAYAN!〈with HIMALAYAN 最終回〉
WEBヤングマシン

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

400.3491.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

201.8559.8万円

中古車を検索
UXの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

400.3491.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

201.8559.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村