サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車検対応品なのになぜ? 「認証プレート付き」でも通らないことがある社外マフラーの落とし穴

ここから本文です

2010年4月以降は「性能等確認済表示」マフラーがマスト

 2010年(平成22年)4月1日以降に生産されたクルマは、加速走行騒音を防止する規制が適用されている。細かい事情はざっくり端折るが、その関係で社外マフラーに交換する場合は、「性能等確認済表示」のあるモノでないと車検に通らない。

「爆音」より「快音」! 車検対応で迷惑をかけないのがイケてるイマドキのマフラー交換事情

 ようは「加速走行騒音も近接排気騒音も計測して保安基準に適合していることを確認しておきましたよ」という証明がないとダメということだ。これを「事前認証制度」という。

おすすめのニュース

サイトトップへ