サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大人気ゲームが待望の実写映画化!! 最高の名車が登場する『アンチャーテッド』公開!!

ここから本文です

大人気ゲームが待望の実写映画化!! 最高の名車が登場する『アンチャーテッド』公開!!

 現在も大人気で品薄が続いている、プレイステーション5。いわずと知れたソニーの大人気家庭用ゲーム機の最新作だが、今回ご紹介する映画『アンチャーテッド』は、そのプレイステーションシリーズ用のゲームを原作とした作品だ。

 主演は『スパイダーマン』シリーズの主演を務めているトム・ホランド。そしてこの映画には大人気の名車が意外な形で登場するのだ!

もう絶対無理?完全に不可能??「変形」大好きリトラクタブルライトの名車たち

文/渡辺麻紀、写真/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■スパイダーマンのトム・ホランドが次に演じるのはトレジャーハンター

主人公のネイサン(ネイト)・ドレイクを演じるのはスパイダーマンシリーズでピーター・パーカーを好演したトム・ホランド

 あの『アバター』(09)を抜いて、全米歴代興行収入のトップ3に入った大ヒット作『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』。

 日本でもコロナ禍になってからの洋画界で最大級のヒットとなったこの作品を牽引しているのは、スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じているトム・ホランド。

 ファンの間では「トムホ」という愛称で呼ばれている人気者の彼の魅力は身軽さと親しみやすさなのだが、最新の主演作でも再びその魅力を堪能できる。プレイステーションの同名大人気ゲーム『アンチャーテッド』の、満を持しての実写映画化だ。

 なぜこのゲームの実写化が待望されていたかというと、ゲームのウリが「プレイする映画」だったから。あたかも自分で映画の主人公を動かしているような錯覚を覚えてしまう、その感覚がスペシャルだったからだという。

 タイトルの『アンチャーテッド』の意味が「地図にない場所」であることからも判るように、ジャンルはアクション・アドベンチャー。

 トムホ演じる主人公、ネイサン(ネイト)・ドレイクは、16世紀に実在していたイングランドの冒険家フランシス・ドレイクの末裔という設定で、マーク・ウォールバーグ演じる相棒、ビクター・サリバンと、あのインディ・ジョーンズのようなトレジャー・ハンターとなって伝説のお宝を探すのだ。

 1作目になる本作は、ふたりが初めてチームを組み、16世紀スペインの冒険家マゼランがどこかに隠したと言われる50憶ドル、日本円にすると驚愕の(およそ)5800憶円の財宝を探す大冒険。アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアと世界中を駆け巡る。

■50憶ドル相当の財宝をめぐる大冒険

アクションに次ぐアクションに目が離せない。もちろん車も登場する。ただし車は走るのではなく……?

 こうやって書くと、まるで車とは無関係そうな映画ではあるのだが、実は車ファンに観て貰いたいシーンが用意されている。素晴らしい名車が登場し、しかも意外な使い方をされているのだ。

 その車は、真っ赤なメルセデス・ベンツ300SL。50年代にダイムラーベンツが製造した高級スポーツカーだ。

 この車の所有者はスペインの大富豪、サンティアゴ・モンカーダ(アントニオ・バンデラス)。

 由緒正しき彼の一族は、黄金を持ち帰ることを条件にマゼランに資金提供したという過去があり、彼の隠した財宝はわがファミリーのものだと主張。ネイトたちのまえに立ちふさがり、あらゆる手を尽くして手に入れようとする。

 そのモンカーダ曰く「この車は、私が18歳になったときに父がくれたもの。以来、私のラッキーチャームになっている」。

 そういうくらいだから、どこに行くにも一緒。ニューヨークのオークションに参加するときもこの車で会場に乗り付け、母国スペインから財宝を求めてアジアまで足を延ばすときも、わざわざこの車を輸送機に乗せている。

 もちろん、ピッカピカに磨き上げられていて、作業員に「絶対に傷をつけるな!」と厳しく言い放つ。

 では、この車が壮絶カーチェイスを展開するのかというと、そんなことはない。ベンツ300SLがその威力を発揮するのは何と空の上。乗せられた輸送機から数珠つなぎになったコンテナが次々と落下し始めたとき、その最後を飾るかたちで本車が空を舞うのだ。

■劇的にスクリーンを舞うのはガルウイングのメルセデス!

メルセデス・ベンツ300SL。50年代を代表する高級スポーツカー。日本でも力道山や石原裕次郎といった昭和のスターたちが所有したことでも有名だ

 300SLの特徴はガルウィング。カモメの羽根を連想することからこう名付けれたドアが大きく開かれ、何と本当に空を飛ぶというわけなのだ。

 真っ青な空に、真っ赤なベンツ300SLの“羽根”が延びて舞う、その美しいことといったら! カーアクションといえばスピード、クラッシュ、チェイスと相場は決まっているけれど、本作ではそれとはまるで違う優雅さ&浮遊感を演出しているのだ。

 おそらく、監督はこの図を撮りたくて、300SLを選んだに違いない。ガルウィングの車は映画でもよく登場するが、実際に空を飛んだのはおそらくこの作品が初めてではないだろうか。しかも、初めて市販車としてガルウィングを採用した300SLが、その役目を果たすのが何とも心憎い。

 ゲーム版の『アンチャーテッド』の特徴には「独特なステージロケーション」と「超スリリングなシチュエーション」があるそうで、本作の場合はこの前代未聞の“空中のカーアクション”がそれに当たる。アクションファンはもちろん、車ファンも是非ともチェックして欲しい。

サリーの仲間のトレジャーハンター、クロエ・フレイザー

●解説●

 兄のサムとふたり養護施設で育ったネイトことネイサン・ドレイク。その兄とは昔、生き別れとなり今はニューヨークでバーテンダーとして働いている。そんな彼の前にトレジャーハンターを名乗るサリーことビクター・サリバンが現われ、一緒にマゼランの50憶ドルの財宝を探そうと持ち掛けられる。

 最初は断るネイサンだが、ビクターは兄サムの行方を知っているようだった。かくて手を組むふたりだが、そこにスペインの大富豪、モンカーダが立ちふさがる。

 これまで6本がリリースされ、世界中で4400万本を売った大ヒットゲームの初の実写化だが、こちらはオリジナルのストーリー。ネイサンとビクターのチーム結成に至る前日譚になる。

 ゲームではネイトの年齢は30歳くらいから始まり、サリーは彼より25歳上という設定だが、映画版ではもっと若々しく変更。トムホの実年齢は25歳で、ウォルバーグは50歳だ。

 なお、一番の見せ場になっている空中のコンテナ落下シーンは、シリーズ3本目のゲーム『砂漠に眠るアトランティス』からの引用。ただし、ゲームには数珠つなぎのコンテナだけで車は登場しない。

 メガホンを取ったのは『ヴェノム』(2018)等を手掛けたルーベン・フライシャー。

 プロダクション側はシリーズ化にするつもり満々で、本作のエンディングもそういうノリになっている。もし実現すれば、トムホにとっては『スパイダーマン』に続く2本目のシリーズになる。

*   *   *

『アンチャーテッド』
2022年2月18日(金)全国の映画館にて公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら