サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ユーロ5対応完了のCB1000R、いよいよ派生車展開を発動するのか?!〈YM未来予想〉

ここから本文です

ユーロ5対応完了のCB1000R、いよいよ派生車展開を発動するのか?!〈YM未来予想〉



派生機種の増加でコスパ向上を切望!

ホンダの万能ツアラー「トランザルプ」がNC750X派生車として帰ってくるか?!〈YM未来予想〉

’21モデルでユーロ5対応に進化したホンダCB1000R。せっかく作ったこのエンジンをCB-Rだけにしか使わないのはビジネス的に見ると非効率的。いずれは何らかの動きが出てくるはずだ。そもそもCB1000R自体が旧CBR1000RRのエンジンを使って生まれた派生モデル。そのCBRと言えば、それこそ完全新設計で生まれたばかりのCBR1000RR-Rの存在も忘れてはいけない。こちらのエンジンをベースにした派生モデルも十分に考えられる。兄弟機種が増えれば車両価格のコスパも向上するだろう。そこで我々が出たらいいなと考えるが、下のYM未来予想車×2モデルだ。

――

―― 【ベースモデル:’21 CB1000R】新世代CBとして、海外で’17年、国内では’18年に登場。旧CBR1000RR系のエンジンを高張力鋼のモノバックボーンフレームと片持ちスイングアームの車体に搭載する。’21はモデルチェンジでユーロ5に対応するとともにデザインも一新。モダンな雰囲気はそのままに、ヘッドライトをスラントさせて従来よりマッシブさの薄れた洗練されたものとなった。カラーメーターやスマホ連動のボイスコントロール機能も新たに追加されている。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 145ps/10500rpm 10.6kg-m/8250rpm ■213kg シート高830mm 16L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●価格:167万900円

――

◆CB-Rシリーズは変幻自在な素材

1000の他にも650/250/150/125と展開しているCB-Rシリーズ。ローマにあるホンダの海外デザインチームはこれまで趣向の違う数々のコンセプトカスタムを出品して反響を探ってきた。これを見てもCB-Rは変幻自在な可能性を秘めたモデルだということが分かるだろう。市販されるとしたらどうなる?

―― 【’15 HONDA CB SIX50|CONCEPT】

―― 【’17 HONDA CB4 INTERCEPTOR|CONCEPT】

―― 【’20 HONDA CB4X|CONCEPT】

YM未来予想車その1=CBR1000R:CBR650Rの兄貴分

まずは「(仮称)CBR1000R」から。CBR650Rやライバル=ニンジャ1000SXのように、フルカウルだけど尖りすぎず、ツーリングからスポーツまでそつなくこなす器用なモデルとして、乗りやすいと評判のCBR650Rの兄貴的存在を予想した。RR顔のフルカウルながら、楽ちんライディングポジションでツーリングも快適だ。

―― 【HONDA CBR1000R|IMAGE CG】

―― 【特許には可変カウルも】ホンダが’17年に特許出願した電動式可変スクリーンの特許図。2枚構造で防風性を大きく高める仕組みだ。これと合わせてハンドルの高さを可変できる構造の特許も出願されていた。

――

―― 【650と同様の展開】フルカウルCBR650RはネイキッドのCB650Rと兄弟となる間柄。CB1000RもCBR1000Rを出すことによって同様の展開を図ることができる。●’21 CBR650R:105万6000円~ ●’21 CB650R:97万9000円 [写真タップで拡大]

―― 【ライバルはニンジャ】ツーリングに良し/ワインディングにも良しのマルチさが人気の秘訣だ。●’21 ニンジャ1000SX:148万5000円

YM未来予想車その2=CB1000X:オンロードに特化した快適SUV

もう1台のYM未来予想車は「(仮称)CB1000X」だ。世界的なトレンドに照らし合わせると、BMWにS1000RRの直4を使ったS1000XRがあるように、パワーを活かしオンロードに特化したSUV的モデルの追加も魅力的。ホンダの欧州スタッフが企画したコンセプトモデル・CB4Xもそうしたニーズがあることの証明だ。

―― 【HONDA CB1000X|IMAGE CG】

――

―― 【400と同様の展開】オンロード寄りクロスオーバーモデルの派生車として予想。ニーズとしては上のCBR1000Rの方が高そうだが、CBR400Rと400Xのような関係もアリだろう。●’20 400X:82万6100円 ●’20 CBR400R:80万8500円 [写真タップで拡大]

―― 【仮想敵は4気筒XR】BMWはオンロード系SUVの派生モデル・S1000XRを既に展開。同様のコンセプトとしてはヤマハのトレーサー9も仮想敵に入ってくる。

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します