サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ新型「Cクラス」はどう進化した? メルセデス流のセダンらしさとは

ここから本文です

■インテリアはまさに「小さなSクラス」

 1982年に登場した190シリーズ(W201)を起源とするメルセデス・ベンツ「Cクラス」がフルモデルチェンジをおこない、このたび日本に上陸しました。190シリーズを初代と数えると、今回のモデル「W206」は6世代目となります。

メルセデス・ベンツの新型小型ミニバン「シタン」世界初公開!

 エクステリアは全体的に先代の面影も残りますが、短いオーバーハングやロングホイールベース、絞り込まれたリアの形状などは、「プチSクラス」といっていいくらい堂々としたスタイルです。

 個人的にはよりスポーティ、より後輪駆動らしさをアピールしているように感じました。

おすすめのニュース

サイトトップへ