サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気SUV街道爆進中 ダイハツロッキー爆売れの理由を編集部総出で調査!!

ここから本文です

人気SUV街道爆進中 ダイハツロッキー爆売れの理由を編集部総出で調査!!

 海千山千の評論家たちによる、限界領域ギリギリのテストドライブもちろんいいが、より「ふつう目線」で試乗してみたら、見えてくるものもあるのではないだろうか。

 そんな趣旨ではじまった、ベストカー本誌にて地味ーに人気らしい(?)「よってたかって評価する」。今回はヒット街道爆走中のダイハツ ロッキーにスポットを当てる。

カルディナGT-FOURの再来か!! カローラツーリング特別仕様車が即完売!!

 ありそうでなかったこのサイズ感のSUV。はたして試乗の感触は? 夏の間に試乗に行ってみようかなーなんて考えている人たちの参考になれば幸いだ。

【画像ギャラリー】好評? 不評!!? ロッキー試乗の様子をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部/撮影:茂呂幸正
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号

■ロッキーG(2WD)ってどんなクルマ?

 トヨタのTNGAと同様の思想を持つDNGAコンセプトのもとに作られたSUVで、プラットフォームはコンパクトカー用の「DNGA-A」。エンジンは98ps/14.3kgmを発生する1Lの直3ターボを積む。

 今回借りたGグレードは、LEDフォグランプやアダプティブドライビングビーム、全車速追従型アダプティブクルコンなどを装備した高級グレード。

22年ぶりの車名復活となったコンパクトSUV。Gは「プレミアム」に次ぐ2番目に高級なグレード。今回の試乗車はFF。本体価格は182万円

■編集部イイボシはこう見た!

 ロッキーは「キャラクター商品」だと思った。弱点はあるけど、安いし楽しそうだし、「ま、いっか」となるタイプ。

 下道では感じないが、首都高を走るとステアフィールが曖昧でわかりにくいし、エンジンもトルクはあるけど速度調整がしにくい。また、ACC(アダプティブクルーズコントロール)の制御もイマイチ。

微妙にオラついてるライズよりもフレンドリーな外観は○。写真の2トーンカラーはメーカーオプションで7万7000円

 でも、それはぬいぐるみ相手に「人間味がない!」とか言ってるようなもんで「評価すべきはそこじゃないでしょ」という話。

 小さく扱いやすいうえに、室内は広くて悪路だって入っていける。つまり、このクルマがあると誰かと遊びに行きたくなる。それ以上、何を望むのかということです。

 ほかに競合車がないのもいい。5ナンバーサイズ4ドアの、SUVらしいSUVはこれしかない。この強みと楽しげな雰囲気を前に、細かな弱点を突つくのはどうなのかという気がしてくる。欲しい人は迷うことなし。お薦めです。

・パワー感:  ★★★☆☆
・ハンドリング:★★☆☆☆
・お買い得度: ★★★★☆

■編集部ワタナベはこう見た!

 いや、正直まいりましたね。編集部周辺の市街地を走っただけなんだけど、急な勾配で名高い小日向の坂道をグイグイと登っていくのには思わず驚愕。

 今年3月に一度だけ姉妹車のライズZ(FF)に乗ったことはあったんだけど、今回改めてロッキーに乗ってみて、この直3、1Lターボのミョーなパワフル感を再認識させられた次第。

フロントグリルの六角形とも統一させたイメージを与えるコックピットまわり。ひときわ目を引く9インチのメモリーナビはディーラーオプション

 そういえば、とある輸入SUVの試乗会でベストカーおなじみの自動車評論家、鈴木直也氏がロッキー/ライズについて、「コンパクトサイズSUVのなかでも、“ちょうどいいブスっぽいSUV”がウケているのよ」と言っていた。

 う~ん、プラスチッキーな内装とヒョコヒョコした乗り心地をも凌駕する、ロッキーのキャラ立ち度はまさしくお笑い芸人「相席スタート」の“ちょうどいいブス”、山崎ケイを彷彿とさせるわぁ~。

・パワー感:★★★★☆
・ハンドリング:★★★☆☆
・お買い得度:★★★★★

■編集部ババはこう見た!

 キーワードは「軽さ」。試乗後の印象はこれ。ステアリングフィールもアクセルも、乗り味も軽い。自分ひとりの乗車ということもあるが、手頃なサイズ感を含め、日常使いなら、これでいいじゃないかと思え、ライズ連合で売れているのも納得。

 が、1L3気筒ターボとはいえ踏んだ瞬間の加速感がもう少し欲しい。ターボラグをやや感じる。低速走行中の“ブ~ン”というエンジン音や、アイドリング中のシートに伝わる微振動も気になる。

 もうひとつ、リアデザインがどうにもカッチョ悪い。

どうやら好き嫌いが分かれることが判明した(?)リアスタイル。本企画担当は、けっこう好きです

 ×な部分はここまで。サイズ感以上に室内は広く、スライドしない後席は広さ自慢の証だろう。インパネが運転席に向いているのも好き。そしてスピードに乗ると、“ブ~ン”なエンジン音は気にならないし、DNGA効果もあり快適に走る。他社もこんなSUV、出してほしい。

・パワー感:★★★★☆
・ハンドリング:★★★☆☆
・お買い得度:★★★★☆

■編集部マツナガはこう見た!

 まず気になった部分から。ハンドリングは△です。ステアリングは軽く、ちょっと多めに切る必要あり。スポーティでよく曲がるというキャラではないですね。

 次にシートで、着座姿勢が軽スーパーハイトっぽく、座るというより腰かけるという感じ。腰に負担がかかるのでロングドライブには向いてないですが、シート交換で解決です。

ホイールデザインはオーソドックス。タイヤは195/60R17のダンロップ エナセーブEC300+を履く

 パワー感がイイんですよ! アクセルへの反応が早く、パワフルで楽しいしラバーバンドフィールも気になりません。下道から高速まで、日本の道でパワーを使い切れる、楽しいエンジンです。内装はお洒落でクオリティが高いと感じました。そしてなによりこのコンパクトさ。5ナンバーはほんと駐車しやすいですね。

 このサイズ感が醸し出すオモチャ感、コペンと似たような感覚です。安いですし、自分好みにイジって楽しみたいと思わせるクルマです!

・パワー感:★★★★★
・ハンドリング:★★☆☆☆
・お買い得度:★★★★★

■まとめると……

 高級感は希薄なれど1Lエンジンは適度にパワフルで、ネガもないことはないけど、なんか許せちゃう。価格も安いし、そりゃ売れるわなぁ。

●ロッキー G(2WD)諸元
・全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
・ホイールベース:2525mm
・最低地上高:185mm
・車両重量:980kg
・エンジン:直3 DOHC+ターボ
・総排気量:996cc
・最高出力:98ps/6000rpm
・最大トルク:14.3kgm/2400-4000rpm
・トランスミッション:CVT
・WLTCモード燃費:18.6km/L
・車両本体価格:182万円(税別)

【番外コラム】ロッキー値引き情報

(TEXT/遠藤徹)

 販売絶好調の人気モデルだが、ガードが固いようでそうでもない。姉妹車のライズと競合させて攻めると好条件が引き出しやすくなる。ライズはトヨタの全系列店扱いだから全店との対抗も組み合わせる。

●ズバリ!!! 値引き目標額は20万円!!!

【画像ギャラリー】好評? 不評!!? ロッキー試乗の様子をギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します