サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 楠みちはる〈僕のバイク道・漫画道〉第14回「メモを残してバッくれる」/『あいつとララバイ』完結30周年記念企画

ここから本文です

漫画の世界は接客業。プロとしてやるからには、読者人気が一番。そう痛感した楠先生だが、「それは半分正しく半分間違い」であった。
 
©楠みちはる/講談社 ※全ての写真及び記事の無断転載を硬く禁じます。

第14回「メモを残してバッくれる」
「店に来るお客はストレスを出しに、毒を出しに来るけど、漫画を買う人は面白さを求めている。面白さとは、つまり夢です。

衝撃ニュース!ビモータとカワサキのタッグで生まれた「テージH2」誕生

プロの漫画家になりたい。連載をしたい。人気を取りたい。頑張ることが即物的な考えに直結して、大事なことを見落としていました。

人気はAクラスに安定し、お金も入ってくる。