サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メカ解説|フェラーリF1、第2戦シュタイアーマルクGPに新型フロントウイング投入。パフォーマンス改善なるか?

ここから本文です

 2020年のF1開幕戦オーストリアGPでは、フェラーリ勢は大苦戦を喫した。特に予選では、セバスチャン・ベッテルがQ2敗退。シャルル・ルクレールも、なんとか10番手でギリギリQ3に進出できたという状態であった。

 ルクレールは乱戦を潜り抜け、なんとかレースで2位表彰台を確保したものの、予選最速タイムは2019年と比較して0.9秒も遅くなっていた。

■レッドブルリンク2連戦……ベッテル「フェラーリのアップデート効果を確認する大チャンス!」

 そのフェラーリは、第3戦ハンガリーGPに向けてアップデートパッケージを投入することを目指していた。しかしチームは開発スピードを早め、第2戦シュタイアーマルクGPに新デザインのフロントウイングを持ち込んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ