サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【異変】新車の国内販売 トップ3にスズキ/ダイハツ 理由はトヨタの「すき間」

ここから本文です

軽自動車販売比率が40%の大台に

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

【画像】最近、どのクルマが売れている? 2021年4月の売れ筋ベスト5【登録車/軽】 全100枚

editor:Taro Ueno(上野太朗)

2021年4月(単月)の国内新車販売状況を見て驚いた。軽自動車の販売比率が40%に達したからだ。

最近の新車販売では、軽自動車の比率が37%前後と高めに推移してきたが、2021年4月には遂に40%の大台に乗った。

これに伴ってメーカー別の国内新車販売台数ランキングにも変動が生じている。

1位:トヨタ、2位:スズキ、3位:ダイハツ、4位:ホンダ、5位:日産と続く。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン