サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス代表、FIAの介入により”パフォーマンスを追求する自分たち”から身を守ることができると主張

ここから本文です

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、FIAがポーパシング抑制に乗り出したことで、安全性を犠牲にしてでもパフォーマンスを追求する”自分たち”から身を守ることができると語った。

 カナダGPの走行開始を前にした木曜日、FIAは安全上の理由から”許容可能な縦揺れレベル ”を設定するつもりであることを明記した技術指令を出した。これによりメルセデスは、少なくともいくつかのサーキットで車高を上げ、パフォーマンスを犠牲にせざるを得なくなる可能性がある。

■ポーパシング対策のルール調整がメルセデスにとって逆効果になる理由とは?

 ウルフはチームがこの問題に確実に対処し、ドライバーの身体を守ることを義務づける方法として、この取り組みを歓迎している。

おすすめのニュース

サイトトップへ