サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 発売はいつ?レトロモダンと先進を詰め込んだ新型「フェアレディZ」の登場が待ちきれない!

ここから本文です

発売はいつ?レトロモダンと先進を詰め込んだ新型「フェアレディZ」の登場が待ちきれない!

発売はいつ?レトロモダンと先進を詰め込んだ新型「フェアレディZ」の登場が待ちきれない!

美しいクルマは、時代を超えて愛される……新型・日産「フェアレディZ」のプロトタイプモデル、「フェアレディZ プロトタイプ」が2020年9月16日公開され、栄光の歴史を知るZファンは、心躍らしている。

S30型やZ32型など、「フェアレディZ」は常に時代をリードする憧れのクルマだ。日本車の枠を超えて、世界中のスポーツカーファンに愛される「フェアレディZ」。その新型とはどんなクルマなのだろうか?

「自動運転車」に対して抱く不安TOP3、3位人の運転技術の低下、2位交通事故発生時の責任の所在、1位は?

【参考】「フェアレディZ プロトタイプ」を公開

初代S30型やZ32型など歴代の面影を持つ新型「フェアレディZ」の外装

それでは、「フェアレディZプロトタイプ」を見ながら、新型「フェアレディZ」をイメージしていこう。まずは外装からだ。

「フェアレディZプロトタイプ」は流れるような美しいラインのクーペボディだ。

ロングノーズにショートデッキ。強くスラントさせたリアスタイルには、初代「フェアレディZ」、S30型のシルエットが色濃い。

ディテールの造り込みも美しい。

まずは薄い楕円型を重ねたようなフロントライトと、その周辺のティアドロップ形状に、Zファンなら歓喜の涙を流すはず。

さらに、フロントフードのバルジ形状や開口面積の広いフロントグリルには、往年のS30型のイメージがオーバーラップする。

また、切上がったリアサイドウインドウ形状に、ロゴマークの配置場所……これぞZ。完璧だ。

テールランプも、S30型やZ32型を彷彿とさせる美しい形状。それでいてハイテクなのが2020年代のスポーツカー、新型「フェアレディZ」にふさわしい。

とにかく、市販前からファンをワクワクさせる外装デザインが目白押し。デザイナーの〝フェアレディZ愛〟を感じずにはいられない。

Zらしい色使いにも期待大!新型「フェアレディZ」のカラー

「フェアレディZ プロトタイプ」は、鮮烈なイエローとブラックルーフを組み合わせることで、歴代Zのそれを思わせるカラーリングとなっている。

市販車でも、歴代Zのアイコニックなカラーリングが各種選ばれるかもしれない。期待しよう。

トラッドでいて最新。新型「フェアレディZ」の内装

続いて、内装もチェックしていこう。

まずは、Z専用ステアリングホイールがファンの心をゆさぶる。3本スポークタイプのディープコーン形状に気分は高揚せずにいられない。

そして、12.3インチのフルデジタルメーテーディスプレイにも目を見張る。円形のタコメーターやブースト計など、オーソドックスなスポーツカーの配置だが、ディスプレイ表示されているのが今どき。

FRレイアウトのため、センターコンソールが高く太めになっている。それが逆にスポーツカーらしい、適度にタイトな室内空間を形作る。

そこにあしらわれるシフトレバーはショートタイプで、クイックな操作性を予感させる。

ショルダーサイドが張り出し、高いホールド性能をイメージさせるシートには、ボディーカラーに準じたストライプ、ステッチが施され、スポーツマインドを高めてくれる。

伝統と先進性が組み合わさり、スポーツカーの美学が詰め込まれるであろう、新型「フェアレディZ」の内装。オーナーがシートへ身体を沈み込ませる日は、もう近い。

ボディサイズはどれくらい? 新型「フェアレディZ」のスペック

「フェアレディZプロトタイプ」は、スペックが公表されている。

全長:4382mm
全幅:1850mm
全高:1310mm
ホイール/タイヤ寸法:255/40R19(フロント)、285/35R19(リア)

となる。

現行の「フェアレディZ」(Version ST)は、

全長:4260mm
全幅:1845mm
全高:1315mm
ホイール/タイヤ寸法:245/40R19(フロント)、275/35R19(リア)

となっている。「フェアレディZプロトタイプ」は全長で+122mm、全幅で+5mm、全高は-5mm、タイヤサイズはフロント/リア共に+10mmとなるわけだ。このプロトタイプのデータが新型「フェアレディZ」の寸法の参考になるだろう。

また、現行「フェアレディZ」の車重は、Version STの6速マニュアルで1540kg。搭載される「VQ37VHR」型は総排気量3696ccのNAエンジンで、「フェアレディZプロトタイプ」のV6 ツインターボエンジンとは異なるが、新型「フェアレディZ」でも、同等の車重が想定される。

V6 ツインターボ搭載か!? 新型「フェアレディZ」のエンジン

前項でもご紹介したが、「フェアレディZ プロトタイプ」のエンジンは、V6 ツインターボと公表されている。こちらは、同社の「スカイライン 400R」が搭載する3.0L V6ツインターボエンジン、VR30DDTTをベースにすると考えられている。

「スカイライン 400R」

VR30DDTTエンジン

「スカイライン 400R」が搭載するVR30DDTTエンジンの最高出力は298kW(405PS)/6400rpm、最大トルク475N・m(48.4kgf・m)/1600-5200rpmとなっている。

【参考】日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 価格・グレード | 400R

どうなる? 新型「フェアレディZ」の価格

日産の新型「フェアレディZ」の価格はいくらぐらいになるだろうか?

VR30DDTTエンジンを搭載する「スカイライン400R」は、メーカー希望小売価格が562万5400円だ。

また、現行「フェアレディZ」の「Z」グレード(6MT)のメーカー希望小売価格は397万9800円で、上位の「Z Version ST」グレード(7M-ATx)は530万8600円となる。

【参考】FAIRLADY Z|価格・グレード

以上を踏まえて、新型「フェアレディZ」の価格は400万~600万円程度と予測する。

早くも新型「フェアレディZ」のカスタム画像が登場! 丸目風カスタムも楽しみ!!

「フェアレディZ プロトタイプ」が公開されてまもなく、新型「フェアレディZ」のカスタムを想像したCG画像などが、インターネット上を中心に登場している。

中には、新型「フェアレディZ」を丸目風にし、リアにダックテールを装着させたイメージ画像も掲載され、初代S30型との共通性をより際立たせている。

市販前から人気が盛り上がる一方の新型「フェアレディZ」には、カスタムパーツ業界も熱視線を注いでいるのだ。

※データは2021年4月初旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します