現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】

ここから本文です

X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】

掲載 更新 1
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日に決定した。“今年を代表する1台”に選ばれたのは、トヨタ『プリウス』だ。選考委員の石井昌道氏は、満点の10点をBMW『X1』に投票した。X1はインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された石井氏のコメントだ。

どの仕様もBMWらしい走りの X1…木下隆之【日本カーオブザイヤー2023-2024】

☆☆☆

日本でも使いやすいコンパクトなモデルでFWDベースのプラットフォームながら、プレミアムブランドらしい質感があり、正確性の高いハンドリングなどBMWブランドに対する期待にしっかりと応えてくれる。BEV、ガソリン、ディーゼルと3種類のパワートレインを用意。それぞれに違いはあるのだが、どれに乗っても“駆け抜ける歓び“の質は同じゆえ、好みやライフスタイルでチョイスして間違いはない。

☆☆☆

石井氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●トヨタ・プリウス:2点
●ホンダZR-V:4点
●BMW X1:10点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(輸入車):BMW X1
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱デリカミニ
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産セレナ
●実行委員会特別賞:日本自動工業会

今年度のエントリーは、2022年11月1日から2023年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全34モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により決定した。委員は10車種(10ベスト)のうち3車種に上位から10点、4点、2点配点し、最多得票の車がカー・オブ・ザ・イヤーになる。

輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが贈られる。輸入車・国産車を通じて輸入車が最多得票だった場合には、そのまま大賞となる。

部門賞として、秀でた内外装デザインを持つクルマにデザイン・カー・オブ・ザ・イヤー、 革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマにテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーが与えられる。10ベストカーを対象に選考委員が部門毎に1点の持ち点を配点する。

実行委員会特別賞は、ジャパンモビリティショーの功績によって日本自動工業会に贈られた。

関連タグ

こんな記事も読まれています

なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村