サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【窓枠はなぜ復活した?】以前流行ったサッシュレスのクルマがなくなった理由

ここから本文です

【窓枠はなぜ復活した?】以前流行ったサッシュレスのクルマがなくなった理由

 開放感のある中央の「柱」がないクルマが流行

 以前の日本車のドアには、マド枠のないサッシュレスタイプが多く採用されており、ドアを開いた時の形状がスッキリしていた。

【疑問】フェンダーミラーはなぜ消えたのか?

 とくに中央のピラー(ルーフを支える柱)まで省いた2ドア/4ドアハードトップボディは、前後のウインドウを開くと、ボディ側面が全開になるので独特の開放感を味わえる。ピラーレスハードトップは、まさにソフトトップのルーフをスチール製に置き換えたようなデザインだった。

 ただしピラーレスハードトップは、ボディ剛性や強度を十分に確保できないため、クルマの進化と併せて採用車種が減っていった。近年は中央のピラーを備えたボディに、マド枠を取り去ったサッシュレスドアを組み合わせるパターンだったが、これも採用車種が減っている。

 サッシュレスドアは開口部を広く取れない

 スバル・インプレッサの初代と2代目は、サッシュレスドアだが、3代目はマド枠のある一般的なフルドア形状に変わった。この時に開発者に変更した理由を尋ねると、「主にドアの開口部を拡大するため」とのことであった。サッシュレスドアではボディ側のドアシールをウインドウガラスに直接密着させる必要があるから、開口部を広く取れない。フルドア形状にしてピラーの角度も変えることで、3代目インプレッサは2代目に比べてドアの開口部を拡大した。

 また近年のドア形状について開発者に尋ねると、「フルドアのほうがボディの強度を保ちやすく、風切り音を抑えたり、遮音性能を高める上でも有利」だという。逆にサッシュレスにするメリットは主にデザインだから、機能を優先させれば、自ずからフルドアになるわけだ。

 日本車がサッシュレスドアを廃止する一方で、メルセデスベンツCLS、BMW4シリーズグランクーペ、アウディA5スポーツバックなどの欧州車は、サッシュレスドアを使ってドアの周辺をシンプルに見せるようになった。欧州メーカーには以前からカブリオレが用意され、サッシュレスドアも継続的に用意している。この実績を生かし、技術進歩と併せて、セダンや5ドアハッチバックにもサッシュレスドアを使うようになった。

 過去を振り返ると、サッシュレスドアのセダン(4ドアハードトップ)は、1960年代のアメリカ車から普及を開始した。日本では1970年代から1990年代に掛けて、乗用車の中心的なボディスタイルになっている。トヨタ・カローラセレス&スプリンターマリノのように、コンパクトな車種にまで4ドアハードトップが採用されていた。

 この後、日本では廃れたが、欧州では同様のボディスタイルが今になって流行している。ターボなどのメカニズムにも当てはまる話だが、日本車が早期に確立させながら採用車種を減らし、時間を経て海外のクルマで普及したトレンドは意外に多い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します