現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、スプリント週末のパルクフェルメ規則に異議。早い段階でのセッティング凍結が問題の一因だと主張

ここから本文です

レッドブルF1代表、スプリント週末のパルクフェルメ規則に異議。早い段階でのセッティング凍結が問題の一因だと主張

掲載 1
レッドブルF1代表、スプリント週末のパルクフェルメ規則に異議。早い段階でのセッティング凍結が問題の一因だと主張

 レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーはF1に対し、コース上でのショーの改善のためにスプリントフォーマットを取り巻くルールを一新するよう促している。

 第19戦アメリカGPでは、初めてのことではないがこのフォーマットが厳しい批判にさらされた。各チームはマシンのセットアップ作業に関して課せられている制限について批判を向けていた。

ハミルトンらの失格によりF1車検方法に批判も、FIAが反論。無作為抽出の4台中2台が違反でも調査対象を拡大せず

 現在のレギュレーションでは、チームはフリー走行1回目、つまりスプリント週末唯一のフリー走行の後は基本的なセッティングを変更することを禁じられている。わずか60分でマシンのセットアップを最適化するのは困難な作業であり、ドライバーが予選や残りのレースウイークに不完全なセッティングで臨むところがしばしば見られる。

 先週末もまさにそうであり、時間の制約と次善のセッティングによって、土曜午後の30分のレースが平凡な結果となっただけでなく、特に日曜のレースでは最終的にルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)が失格となったことが物議を醸した。レース後の検査の結果、メルセデスとフェラーリのフロアおよびプランクの摩耗はルールで認められたマージンを1mm超えていた。摩耗は、COTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)のバンプと、地面に近いマシンの車高セッティングの組み合わせの直接的な結果だった。FIAが検査した4台のマシンのうち2台が違法とみなされたため、広範囲の調査を行うことが妥当だっただろう。

 ホーナーは、アメリカGPのレース後の議論は、チームがスプリントの週末にセッティングを早い段階で凍結することを余儀なくされていることの直接的な結果だと主張している。

「私にとって、パルクフェルメはちょっとした冗談だ」とホーナーは語った。

「マシンをセットアップするのは1回のセッションだから、その後エンジニアは家に帰ったほうがよさそうだ」

「このことは検討する必要があるし、チームがレギュレーションに違反したライドハイトの問題を引き起こした一因だったと私は確信している」

「実際、これはスプリントレースでのロングランにすぎない。実際に危険はなく、その背後に意欲を起こさせるものはない。『OK、どうすれば改善できるだろうか』と言って、検討して修正を加える必要があるだけだと思う。どうすればこれを改善できるか? どうすればドライバーがより満足できるものになるか?」

 ホーナーは、F1ファンがこの議論に意見を表明できるようにするべきだと考えている。

「ドライバーが楽しんでやりがいを感じ、チームもやりがいを感じるのなら、最終的にファンもそうなると思う」

「ただ、我々はファンのところへ行って、彼らが何を望んでいるのかについてフィードバックを得る必要があると思う。スプリントレースがどれだけ人気だったのか、1年の終わりにデータを見るのは興味深いものだろう。結局のところ、ファンがすべてだからだ」

「スプリントレースを行う理由は、さらなるエンターテインメントを提供し、より魅力的なイベントを創り出すことにある。これはまだ非常に新しいコンセプトであり、我々は自身に正直にならなければいけないと思う」

「先ほどマシンについて話したが、常にマシンを改善できるように、フォーマットについても常に改善できると私は考えている。スプリントレースからのサンプルがすべて揃う年末に、オープンかつ誠実に検討する必要があるだろう。何を改善できるだろうか? 何を学ぶことができるか? そしてショーとイベントをどのように改善できるか? そして改善するためにできることはたくさんあると思う」

こんな記事も読まれています

スプリントのフォーマット刷新では「ファンが何を望んでいるかが最重要」とレッドブル代表。一貫性の維持も必要だと主張
スプリントのフォーマット刷新では「ファンが何を望んでいるかが最重要」とレッドブル代表。一貫性の維持も必要だと主張
AUTOSPORT web
F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘
F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘
AUTOSPORT web
フェラーリF1代表、アブダビGPでのルクレールの戦術を正解と語る。メルセデス陣営はスポーツマンシップを称賛
フェラーリF1代表、アブダビGPでのルクレールの戦術を正解と語る。メルセデス陣営はスポーツマンシップを称賛
AUTOSPORT web
アロンソ、F1アブダビGPでのハミルトンに対する“ブレーキテスト”を否定。減速は「DRSを得るため」の策略と説明
アロンソ、F1アブダビGPでのハミルトンに対する“ブレーキテスト”を否定。減速は「DRSを得るため」の策略と説明
AUTOSPORT web
F1の予選フォーマットは「時代遅れ」とアロンソ。トラフィックの管理やトラックリミットなどのストレスに辟易
F1の予選フォーマットは「時代遅れ」とアロンソ。トラフィックの管理やトラックリミットなどのストレスに辟易
AUTOSPORT web
FIA、F1アブダビGPピットストップ時の「保護メガネ未装着」で一部チームを調査。罰則なしも安全性の徹底を求める
FIA、F1アブダビGPピットストップ時の「保護メガネ未装着」で一部チームを調査。罰則なしも安全性の徹底を求める
AUTOSPORT web
岩佐歩夢がF1初ドライブ「今日学んだことが将来のレースに大いに役立つと確信」エドルズはフィードバックを称賛
岩佐歩夢がF1初ドライブ「今日学んだことが将来のレースに大いに役立つと確信」エドルズはフィードバックを称賛
AUTOSPORT web
ダニエル・リカルド、フリー走行で赤旗が出た際は「時計を止めてほしい」とF1に望む
ダニエル・リカルド、フリー走行で赤旗が出た際は「時計を止めてほしい」とF1に望む
AUTOSPORT web
ペナルティに不満のペレス、スチュワードを批判したとして戒告処分。“個人的な侮辱”と見なされる/F1第23戦
ペナルティに不満のペレス、スチュワードを批判したとして戒告処分。“個人的な侮辱”と見なされる/F1第23戦
AUTOSPORT web
2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)
2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
ルクレール2位「優れたマシンがあったし、戦略も正しかった」コンストラクターズ逆転ならず悔しさ:フェラーリ/F1第23戦
ルクレール2位「優れたマシンがあったし、戦略も正しかった」コンストラクターズ逆転ならず悔しさ:フェラーリ/F1第23戦
AUTOSPORT web
ルクレール、シーズン終盤に復調果たすも「レッドブルのペースに追いつくにはまだ長い道のりがある」
ルクレール、シーズン終盤に復調果たすも「レッドブルのペースに追いつくにはまだ長い道のりがある」
AUTOSPORT web
ボッタス「1ストップを選んだが、タイヤを使い切り狙いどおりに順位を上げられなかった」アルファロメオ F1第23戦決勝
ボッタス「1ストップを選んだが、タイヤを使い切り狙いどおりに順位を上げられなかった」アルファロメオ F1第23戦決勝
AUTOSPORT web
ラッセル、F1パドックの健康問題に警鐘「1年で24戦に参加することが持続可能だとは思わない」
ラッセル、F1パドックの健康問題に警鐘「1年で24戦に参加することが持続可能だとは思わない」
AUTOSPORT web
2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)
2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
ガスリー「ペレスにヒットされ、ハミルトンとも接触し、リヤに大ダメージを負って走った」アルピーヌ F1第23戦決勝
ガスリー「ペレスにヒットされ、ハミルトンとも接触し、リヤに大ダメージを負って走った」アルピーヌ F1第23戦決勝
AUTOSPORT web
F1には“全開レース”が必要だ。メルセデスF1代表、2023年カタールGPから着想「今はタイヤマネジメントが全て」
F1には“全開レース”が必要だ。メルセデスF1代表、2023年カタールGPから着想「今はタイヤマネジメントが全て」
motorsport.com 日本版
ラッセルのクラッシュはブレーキの不具合が原因か。影響を小さく抑えたとっさの判断をチームが称賛/F1アブダビテスト
ラッセルのクラッシュはブレーキの不具合が原因か。影響を小さく抑えたとっさの判断をチームが称賛/F1アブダビテスト
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村