サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトンはアプローチを変えるべき? アルボンと2度目の接触にレッドブル代表が苦言

ここから本文です

 2020年のF1開幕戦オーストリアGPにおいて、レッドブルはノーポイントという悔しい結果に終わった。

 中でもレース終盤、タイヤ戦略のアドバンテージを活かしたアレクサンダー・アルボンが、2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)をターン4で追い抜こうとした際に接触し最後尾に落ちて優勝のチャンスを失ってしまったことについて、レッドブル側は憤りを示している。

■優勝の可能性も見えたレッドブル・ホンダ、まさかの全滅……トラブルは電気系の疑い

 スチュワードはこの接触についてハミルトンに責任があると判断。5秒間のタイム加算ペナルティを科したことで、ハミルトンは表彰台を逃すことになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン