サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機が減収減益、中間無配…アジアや北米の二輪車販売低迷 2020年1-3月期決算

ここから本文です
ヤマハ発動機が5月29日発表した2020年1-3月期(第1四半期)の連結決算は売上高が前年同期比7.8%減の3959億円、営業利益が同29.2%減の254億円と減収減益だった。

3月に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響があり、ランドモビリティ事業、マリン事業の販売台数が減少した。二輪車の出荷台数は火山噴火のあったフィリピンや新排ガス規制による需要減少のあったインドのほかベトナム、北米などで低迷し、同10.0%減の112万3000台だった。マリン事業も新型コロナウイルスの影響で減収となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ