サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アッカASPが最終戦を制すも王座には届かず。アイアン・リンクス&チームWRTが戴冠/GTWCヨーロッパ

ここから本文です
 10月9~10日、ファナテック・GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ・パワード・バイ・AWS第10戦バルセロナがスペイン、カタロニア・サーキットで行われ、アッカASPの88号車メルセデスAMG GT3(ラファエル・マルチェッロ/フェリペ・フラガ/ジュール・グーノン組)がポール・トゥ・ウインを飾り2021年シーズン最後のウイナーとなった。

 88号車メルセデスのクルーは、最終戦までもつれた“エンデュランスカップ”のタイトル獲得の権利を有した状態でシーズンのフィナーレイベントとなった今戦に臨んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ