サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1台ン億円という噂も!? アストンマーティンが88台限定の「V12スピードスター」発売を決定!

ここから本文です

1台ン億円という噂も!? アストンマーティンが88台限定の「V12スピードスター」発売を決定!

■7年の歳月をかけ、コンセプトがついに市販化決定!

 アストンマーティンが、2020年1月8日に、「V12スピードスター」を88台限定で生産することを発表しました。V12スピードスターはどのようなクルマなのでしょうか。

高級車の車検は高い!は本当か 新車時4000万円「ベントレー」の車検費用は?

 V12スピードスターは、アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービスである「Q by Aston Martin」と、才能溢れるデザイナーおよびエンジニア・チームが一丸となって製作します。
 
 ドライバー重視の本格的な2シーター・スポーツカーのデザインとモータースポーツおよび航空学における最先端のテクノロジーをエレガントに組み合わせた、エンスージアスト向けのドライビング・マシンです。2020年後半にグローバルデビューすることが決まっています。
 
 モダンでダイナミックでありながらも、1959年のル・マン24時間レースとニュルブルクリンク1000kmレースを制した伝説的な「DBR1」、およびアストンマーティン100周年を記念して2013年に発表された「CC100スピードスター・コンセプト」の系譜も受け継いでいます。
 
 未来志向のこのクルマには、アストンマーティンの最新スポーツカー・ラインナップと同じ、高度な素材とエンジニアリングが採用されています。
 
 ル・マンで優勝したDBR1は、アストンマーティンのモータースポーツ史における金字塔です。
 
 1950年代に、世界スポーツカー選手権とル・マン24時間レースの両方で同じ年に優勝したわずか3台の内の1台であるDBR1は、レーシングカーとしての卓越したポテンシャルだけでなく、そのエレガントなスタイルでも世界中のファンを魅了し、歴代アストンマーティンを象徴するモデルの1台です。
 
 一方のCC100スピードスター・コンセプトは、アストンマーティンの100周年を記念して2013年に製作されました。
 
 新しいV12スピードスターは、これらの2台のクルマからインスピレーションを得て、「Q by Aston Martin」とアストンマーティン・デザインのチームが緊密に連携してデザインおよびプランニング作業を行い、1年以上の歳月をかけて製作しました。
 
 エンジンは、アストンマーティンを象徴する5.2リッターV型12気筒ツインターボ・エンジンのハイパフォーマンス・バージョンが搭載されています。
 
 最高出力は約700馬力、最大トルクは約700Nmで、車両後部に搭載された8速ZFオートマチック・トランスミッションと組み合わされます。
 
 アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマー氏は、次のように述べています。
 
「V12スピードスターは、偉大な英国ブランドであるアストンマーティンの野心と優れた発想力を示すだけでなく、弊社の比類なきヘリテージを称えるモデルでもあります。

 このクルマを購入する88人の熱狂的なドライバーやコレクターの皆様は、弊社の歴史の重みを感じると同時に、アストンマーティンの新しい時代を象徴するモデルを所有することになります」
 
※ ※ ※

 V12スピードスターの生産台数は88台で、現在注文を受け付けています。生産は、ハンドメイドでおこなわれ、2021年の第1四半期から納車が開始される予定です。価格は未定です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します