サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【日産 新型エクストレイル外観解説】スタイリッシュさと上質さを兼ね備えた新型のエクステリア

ここから本文です

【日産 新型エクストレイル外観解説】スタイリッシュさと上質さを兼ね備えた新型のエクステリア

2020年6月に北米で世界初公開後、2021年4月には上海モーターショーでもお披露目され、日本での発表・発売が今か今かと待たれる日産 新型エクストレイル。日本仕様では待望のe-POWER搭載が噂されるが、ここではそんな期待が高まる新型エクストレイルの外観を改めて振り返っていく。

新世代デザインへと進化した新型エクストレイル

日本発表はまだ!? 新型エクストレイルの外観を細かくチェック(全24枚)

2020年6月15日、北米で世界初公開された4代目新型エクストレイル。ボディサイズは全長4648mm×全幅1840mm×全高1689mm、ホイールベース2706mm(北米仕様「ローグ」2021年モデル)で、現行型の3代目エクストレイル(T32型)よりも約40mm短く、高さは約50mm程度低くなり、見た目にもスポーティ度が増している。

フロントマスクは、個性的な形状のLEDヘッドライトを採用したほか、Vモーショングリルデザインも新世代デザインへと格段の進化を遂げるなど、プレミアム度とアグレッシブさが増した印象だ。

リアサイドでは、立体感のあるフェンダー周りのデザインに、特徴的なリアアンダーカバーは一目でエクストレイルと分かるものとなっている。

外観デザインは概ね好印象の様子

そんな新型エクストレイルの外観デザインについては、



「原点回帰とまではいかないが、少し戻った路線のデザインが好印象」

「デザインが現行モデルより好き」

「好きなデザインに戻った」

「クセを活かしたデザインが意外に悪くない」

「シティ派路線のデザインに舵を切った現行モデルよりはマシになった」

など、好印象な様子がSNS上では挙がっている。

ここまで新型エクストレイルの外観を紹介してきたが、特に細部のつくりなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら