現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > テスラ 安価な新型EV、ベルリンで生産へ 約400万円の「モデル2」まもなく投入か

ここから本文です

テスラ 安価な新型EV、ベルリンで生産へ 約400万円の「モデル2」まもなく投入か

掲載 38
テスラ 安価な新型EV、ベルリンで生産へ 約400万円の「モデル2」まもなく投入か

「モデル2」はベルリンで生産

米国の自動車メーカーであるテスラは、新型EVをベルリンの工場で生産すると報じられている。

【画像】魅力を高めた主力EV【改良後のテスラ・モデル3を写真でじっくり見る】 全22枚

オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ(ロイター通信経由)が匿名の情報筋の話として伝えたところによると、テスラのイーロン・マスクCEOは先週、ベルリン工場を訪問した際にこの方針を認めたが、新型EVをいつ発売するかについては明言しなかったという。

マスク氏はドイツ訪問に先立ち英国を訪れており、リシ・スナク首相とライブストリーミングで対談し、AI(人工知能)技術がいつか「雇用をなくす」と示唆したことで話題となった。

続くベルリン工場の訪問は、より具体的にテスラの将来に焦点を当てたものであった。マスク氏はモデルYの生産拡大における同工場の従業員の努力に感謝するとともに、小型の新型EV(非公式に『モデル2』と呼ばれる)が欧州で生産されることになると伝えたと言われている。

新型EVは2万5000ユーロ(約400万円)で市場投入される見込みで、安価な中国製EVへの対抗馬になると期待されている。

今年初め、マスク氏は株主に対して「2つの新製品」を開発中であると語ったが、そのうちの1つが改良型のモデル3であり、もう1つが小型の新型EVであると考えられている。

テスラは以前、ベルリン工場での年間生産台数を25万台から100万台に拡大するという目標を掲げている。改良型モデル3と新型EVを合わせた生産台数は「おそらく年間500万台を超えるだろう」とマスク氏は述べた。

こんな記事も読まれています

新型ジュークEV登場? 日産の大胆スタイルSUV「ハイパーパンク」が市販車に
新型ジュークEV登場? 日産の大胆スタイルSUV「ハイパーパンク」が市販車に
AUTOCAR JAPAN
韓国ヒョンデのEV攻勢が止まらない 7人乗り大型SUV「アイオニック7」 航続距離500km以上か
韓国ヒョンデのEV攻勢が止まらない 7人乗り大型SUV「アイオニック7」 航続距離500km以上か
AUTOCAR JAPAN
さすがに「ファンキー」過ぎた? 中国大手がブランド再編、車名を変更 イメージ向上へ
さすがに「ファンキー」過ぎた? 中国大手がブランド再編、車名を変更 イメージ向上へ
AUTOCAR JAPAN
ミニ・クーパー 待望の5ドア導入へ 生まれ変わった次世代モデル、2024年発表か
ミニ・クーパー 待望の5ドア導入へ 生まれ変わった次世代モデル、2024年発表か
AUTOCAR JAPAN
日産、EVの生産体制を拡充 英国工場に3750億円投資 キャシュカイ・ジュークのEVと新型リーフを生産
日産、EVの生産体制を拡充 英国工場に3750億円投資 キャシュカイ・ジュークのEVと新型リーフを生産
日刊自動車新聞
BMW 次世代の「ノイエ・クラッセ」SUV発見 X3後継、まったく新しいデザイン採用
BMW 次世代の「ノイエ・クラッセ」SUV発見 X3後継、まったく新しいデザイン採用
AUTOCAR JAPAN
「ルノー トゥインゴ」が電気自動車に生まれ変わって戻って来る 「E-トゥインゴ」はエントリー価格もリーズナブル
「ルノー トゥインゴ」が電気自動車に生まれ変わって戻って来る 「E-トゥインゴ」はエントリー価格もリーズナブル
AutoBild Japan
日産「次期型ジューク/キャシュカイ」登場へ! 「リーフ」は“SUV化”する!? 日産欧州が新型モデルを明らかに
日産「次期型ジューク/キャシュカイ」登場へ! 「リーフ」は“SUV化”する!? 日産欧州が新型モデルを明らかに
くるまのニュース
日産「キャシュカイ」「ジューク」EV化を発表!欧州市場に展開へ
日産「キャシュカイ」「ジューク」EV化を発表!欧州市場に展開へ
グーネット
キャデラックが新型EVを2車種予告
キャデラックが新型EVを2車種予告
レスポンス
ネットでEV ボルボ史上最小SUVの電気自動車「EX30」 オンラインにて販売開始
ネットでEV ボルボ史上最小SUVの電気自動車「EX30」 オンラインにて販売開始
AUTOCAR JAPAN
凛とした電動ステーションワゴン 1500L超の大容量トランク、実用EVが新登場
凛とした電動ステーションワゴン 1500L超の大容量トランク、実用EVが新登場
AUTOCAR JAPAN
悪臭と炎の町に生まれた新工場 e-ベルランゴ/コンボ Eで再生 ステランティスのEV拠点
悪臭と炎の町に生まれた新工場 e-ベルランゴ/コンボ Eで再生 ステランティスのEV拠点
AUTOCAR JAPAN
ホンダ、二輪車の電動化へ2030年までに5000億円投資 30機種投入 専用工場も新設 部品共通化でコスト半分に
ホンダ、二輪車の電動化へ2030年までに5000億円投資 30機種投入 専用工場も新設 部品共通化でコスト半分に
日刊自動車新聞
絵に描いたような美しさ 限定生産の電動オフローダー 全長4.0m強、超急速充電も実現へ
絵に描いたような美しさ 限定生産の電動オフローダー 全長4.0m強、超急速充電も実現へ
AUTOCAR JAPAN
電気自動車の保険料が72%上昇 修理費用に原因 それでもEV普及する英国
電気自動車の保険料が72%上昇 修理費用に原因 それでもEV普及する英国
AUTOCAR JAPAN
「ハードコア・オフロードでも」メルセデスベンツCEO…『Gクラス』EVを試す
「ハードコア・オフロードでも」メルセデスベンツCEO…『Gクラス』EVを試す
レスポンス
日本でも売ってくれ! 2024年大注目の新型車 8選 乗れる日が待ち遠しい
日本でも売ってくれ! 2024年大注目の新型車 8選 乗れる日が待ち遠しい
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

38件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

677.3698.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.0903.8万円

中古車を検索
ヨーロッパの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

677.3698.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.0903.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村