サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【特集】犬の手も借りたい? ピレリの新兵器“ワンちゃん”はどうF1、そして市販タイヤの開発に貢献しているのか

ここから本文です
 ピレリのエンジニアであるマーティン・ウォールがコースを歩く際に押している不思議な3輪車。芝刈り機とサッカーグラウンドに白線を引くラインカーをかけ合わせたような形をしている彼の道具は、グリップテスターだ。コース1周を測定しながら周り、グリップレベルを記録するために開発されたものだ。

 F1用のタイヤ開発とタイヤコンパウンド選択のモデリングを改善するために今年からピレリが導入した発明品。社内では“ワンちゃん(Doggy)”と呼ばれているが、その所以は時々”散歩”という名の測定に連れて行かなければならないからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン