サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「最後にはレースを楽しむことができた」中上貴晶、初日転倒で鎖骨痛めるも出走し10位獲得|ポルトガルGP

ここから本文です

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれたMotoGP第3戦ポルトガルGPで、LCRホンダの中上貴晶は10位でフィニッシュ。今季初のポイントを獲得した。

 中上はグランプリ初日にホームストレートで速度の出ている状況で転倒。それによって骨折こそなかったが右鎖骨を痛めてしまい、2日目の予選は出走を取りやめることになった。

■MotoGPポルトガル決勝:クアルタラロ、大差勝利でランク首位浮上。マルク・マルケスが7位

 身体を1日休めた中上は、痛みの襲う体をおして決勝レースへ出走。最後尾からのスタートとなったが、スタートで彼は一気にポジションを14番手付近にまで上げ、以後は転倒者が多く出る中でも粘り強く走行。最終的に10位でゴールし、今季初のポイントを獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン