サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシングポイントF1代表、ストロールのポテンシャルに期待「速く走る方法を教える必要はない」

ここから本文です

 レーシングポイントのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、ランス・ストロールについて、このチームでの1年目となった2019年はそれほど目立った成果を挙げられなかったものの、今も大きなポテンシャルがあると見ている。

 ストロールは、2018年シーズン末にエステバン・オコンに代わってレーシングポイントに加入した。その年の夏にストロールの父親であるローレンス・ストロールが率いる投資家集団がチームを買収したため、この交代はチームにとって避けられない選択だった。

アストンマーティン買収を目指すレーシングポイントF1オーナー。交渉は最終段階との報道

 21歳のストロールはF1にデビューしてからの2年間をウイリアムズで過ごした。

おすすめのニュース

サイトトップへ