サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第14戦無線レビュー(2)】3年ぶりの勝利を挙げたリカルド「僕は一度も表舞台から去ってない!」

ここから本文です

 2021年F1第14戦イタリアGPの決勝レースは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの接触によりセーフティカーが出動し、各車のギャップがリセットされた。リスタートでも首位を守ったダニエル・リカルドだったが、終盤は背後に僚友ランド・ノリスが迫る展開に。イタリアGP後半を無線とともに振り返る。

────────────────────

マクラーレンF1での表彰台獲得を達成したリカルド、“ヒーロー”アーンハートのNASCARシボレーをドライブへ

 タイトルを争うふたりのクラッシュ、リタイアは、担当エンジニアのトム・スタラードから、すぐにダニエル・リカルド(マクラーレン)にも伝えられた。

スタラード:後ろにいるのはルクレール、ランド、ペレスだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ