サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 驚きの4K画質。本当にそこまで必要か!? データシステムの超高精細4Kドライブレコーダーの実力をさっそく検証してみた

ここから本文です
2019年秋の東京モーターショー、そして2020年初めの東京オートサロンなど、さまざまなイベントに参考出品され注目を集めていたデータシステムの最上級ドライブレコーダー「DVR3400」が7月から正式に発売された。
本体に「4K」という文字が大きく刻まれていることからもわかるように、このモデルの一番の特徴は「4K画質」を実現したことだ。これは国産メーカーのドライブレコーダーとして最高レベルの解像度となる。

これまで最高画質とされていた「WQHD画質」の解像度は「2560×1440」となっているが、「4K画質」の解像度はなんと「3840×2160」なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン