サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、再審請求の却下を歓迎。ハミルトンへの”個人攻撃”に「終止符が打たれることを願う」

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGPのオープニングラップで発生した、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の接触は、レッドブルによる再審請求まで発展したが、FIAがこれを却下した。

 ハミルトンはフェルスタッペンとの接触で10秒のタイム加算ペナルティを受けたが、レースでは挽回し勝利を収めた。ペナルティが不十分だと怒りを爆発させたレッドブルは、事故の再検証を要求。より厳しいペナルティを求めた。

■フェルスタッペン、メルセデスの大はしゃぎに不満残る「アレが彼らの”本性”」

 しかし木曜日にハンガリーで行なわれたヒアリングで、FIAはレッドブルから提出された新証拠は重要ではなく、問題に関連していないと判断した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン