サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 噂の最強ランタン!? キャンプツーリングで活躍するGOAL ZERO「Lighthouse Micro Flash」の魅力【編集部員の自腹インプレ】

ここから本文です

噂の最強ランタン!? キャンプツーリングで活躍するGOAL ZERO「Lighthouse Micro Flash」の魅力【編集部員の自腹インプレ】

編集部員が趣味で買ったものをご紹介する「webオートバイ編集部員の自腹インプレ」。今回は西野がAmazonでゲットした超コンパクト・ランタンを紹介します!

新品を手に入れられたらラッキー? いまキャンパーの間で大ヒットしているという「ゴールゼロ」がライダーにおすすめな理由
ランタンは、キャンプ道具の中でも象徴的なアイテムのひとつかと思います。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

キャンパーそれぞれのこだわりが出る用品でもあるでしょう。かつてはガスランタンが主流でした。

LEDライトが普及し始めてから、とくにキャンプツーリングライダーの間では、あっという間に電池ランタンが広まりました。マントルの管理に気を使わなくてすみますからね。この切り替えの時期は、もう15年くらい前になるんでしょうか。

そして、いまのトレンドは、充電式ランタンといえそうです。

USBで充電するタイプです。モバイルバッテリーはいまやキャンプでは必需品といえますからね。そのため、ランタンが充電式でも全然問題なしと考える方は多いよう。

もちろん、いまでも乾電池式の新製品はありますし、また充電式だけど、乾電池でも使える両刀タイプも販売されています。

さて、私西野かねてから狙っていた「最強」と噂されている充電式ランタンを入手しました。それがこちらです。

GOAL ZERO「Lighthouse Micro Flash」
ご覧ください、このコンパクトさ。ちょっとした革命だと思いました。

これまで使っていたのは、日本メーカー「ジェントス」のちょっと古い電池ランタン(Explorer EX-837NX)です。

ジェントスの「EX-837NX」は単三乾電池3本を使用するコンパクトなランタンで、キャンプツーリングライダーに人気を呼びました。

登場はおそらく10年ほど前になると思います。当時、暖色のLEDを採用したランタンがあまりなかった、というのも好評だった要因でしょう。

個人的にも暖色LEDが好きだったので、これまで約10年使い続けています。さすが日本メーカーのジェントス。全然壊れないんですよ。

ちなみにいまジェントスでは、調光機能を備えたモデルも展開されています。

ジェントス「Explorer EX-036D」の紹介記事


もうひとつ、充電式ランタンも持っていました。これは3年ほど前にAmazonで2,000円程度で売られていたもの。いまもこのタイプは数多く販売されていて、価格もより魅力的になっています。

置いて使うのはもちろん、吊るすこともでき、さらにこのランタン自体がモバイルバッテリーとしても活用できます。

いまAmazonで販売されている類似品(一例)
まさかの2個で2000円以下!

さて、今回買った「GOAL ZERO」に戻りましょう!
少し前に、先輩キャンパーに自慢されてからというもの、Amazonとずっとにらめっこ。人気のため、すぐに新品が欠品し、中古品が高騰して販売されるという、先輩キャンパーいわくキャンプ用品界の幻の逸品なんだとか。

そんななか昨年末、再び新品が販売されていて、無事入手することができました。そのときの価格は、税込3,617円。ちょっとこれまで使ってきたランタンよりも高くて悩みましたが、買いました。次欲しくなった時、いつ手に入るか分からないから! 昔、サッカー部でゴールキーパーをやっていて、ゴールゼロの名前も気に入ったから!

で、届いた製品を見ると、もう感動の一言です。

Amazon 販売ページ/ Lighthouse Micro Flash


僕が買った時よりも少し高くなっていますが、この文を書いている1月17日20時30分現在は新品が購入できるようです! もう一個買っておくべきか……悩みながらこの記事を終えたいと思います。

文・写真:西野鉄兵

[ アルバム : 写真をまとめて見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

編集部員の自腹インプレ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します