現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】4代目となった日産 マーチは、コンパクトカーで最も省燃費なクルマを目指した【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
【試乗】4代目となった日産 マーチは、コンパクトカーで最も省燃費なクルマを目指した【10年ひと昔の新車】
写真を全て見る(4枚)

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、日産 マーチ(4代目)だ。

日産 マーチ(2010年:4代目)
日本の国民的アイドル コンパクトとも言えるマーチが、デビュー28年目にしてタイで生産される正真正銘のグローバルカーとして4代目へとフルモデルチェンジされた。新開発の直列3気筒エンジンのHR12DEに、副変速機付きエクストロニックCVT、そしてアイドリングストップシステムも採用。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ステップワゴンを手軽にアウトドア仕様に!  ホンダ正規ディーラーが手がけるキャンパー仕様“ラクネルステップワゴン”
ステップワゴンを手軽にアウトドア仕様に! ホンダ正規ディーラーが手がけるキャンパー仕様“ラクネルステップワゴン”
月刊自家用車WEB
全長約3.7m! スズキの「小さなSUV」何が魅力? 軽より“ちょいデカ”「クロスビー」どんなモデル?
全長約3.7m! スズキの「小さなSUV」何が魅力? 軽より“ちょいデカ”「クロスビー」どんなモデル?
くるまのニュース
F1初優勝ピアストリ、マクラーレンのチームオーダーを語る「正しい選択をしたと思う」
F1初優勝ピアストリ、マクラーレンのチームオーダーを語る「正しい選択をしたと思う」
motorsport.com 日本版
暫定優勝のフェルシュフォーが失格に。トップチェッカーから失格は“今季2度目”/FIA F2第9戦レース1
暫定優勝のフェルシュフォーが失格に。トップチェッカーから失格は“今季2度目”/FIA F2第9戦レース1
AUTOSPORT web
かつては電卓片手に華麗に見積もり作成がディーラーマンの見せ場! 対面商談すら煩わしく感じるイマドキの世の「新たな見せ場」とは
かつては電卓片手に華麗に見積もり作成がディーラーマンの見せ場! 対面商談すら煩わしく感じるイマドキの世の「新たな見せ場」とは
WEB CARTOP
MORIZOやレーシングドライバーとともに徹底的に鍛え上げたレクサスLBXのハイパフォーマンスモデルが登場
MORIZOやレーシングドライバーとともに徹底的に鍛え上げたレクサスLBXのハイパフォーマンスモデルが登場
カー・アンド・ドライバー
ロータスからEVスポーツモデル第2弾登場!ポルシェ タイカンのライバル?「ロータス エメヤ」の全情報!
ロータスからEVスポーツモデル第2弾登場!ポルシェ タイカンのライバル?「ロータス エメヤ」の全情報!
AutoBild Japan
トヨタ新「商用バン」がスゴい! 斬新大口顔×6速MTもアリ!? アルファードとは違う!? 「プロエース」とは? 日本人の反響は?
トヨタ新「商用バン」がスゴい! 斬新大口顔×6速MTもアリ!? アルファードとは違う!? 「プロエース」とは? 日本人の反響は?
くるまのニュース
もうすぐ発表 “普通二輪免許”で乗れる「メグロS1」の魅力とは? “100年ブランド”が放つ「230ccのメグロ」はなぜ注目される?
もうすぐ発表 “普通二輪免許”で乗れる「メグロS1」の魅力とは? “100年ブランド”が放つ「230ccのメグロ」はなぜ注目される?
VAGUE
トヨタ ノア(2022/01-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉走りも装備も大きくパワーアップした、ミドルミニバンの傑作車
トヨタ ノア(2022/01-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉走りも装備も大きくパワーアップした、ミドルミニバンの傑作車
月刊自家用車WEB
[真夏のツーリングはコレ飲んで乗り切る] 脱水症/熱中症を避ける“経口補水液”×5選
[真夏のツーリングはコレ飲んで乗り切る] 脱水症/熱中症を避ける“経口補水液”×5選
WEBヤングマシン
トヨタのロバンペラが怒涛の最速連発。勝田はパワステトラブルも“力技”で対処/WRCラトビア
トヨタのロバンペラが怒涛の最速連発。勝田はパワステトラブルも“力技”で対処/WRCラトビア
AUTOSPORT web
[カーオーディオ 逸品探究]定番スタンダードナビ『カロッツェリア・楽ナビ』のバリューを分析!
[カーオーディオ 逸品探究]定番スタンダードナビ『カロッツェリア・楽ナビ』のバリューを分析!
レスポンス
ランチア『イプシロン』新型がジャズプレイヤーの足になる、イタリア音楽フェスティバル
ランチア『イプシロン』新型がジャズプレイヤーの足になる、イタリア音楽フェスティバル
レスポンス
ハザードランプ、点灯したまま走るのは交通違反? 正しい使い方知ってる? 
ハザードランプ、点灯したまま走るのは交通違反? 正しい使い方知ってる? 
月刊自家用車WEB
「謎のネコ耳」なんの意味がある? タンクローリー車に付いている「角」の正体は? 超重要な部品だった!
「謎のネコ耳」なんの意味がある? タンクローリー車に付いている「角」の正体は? 超重要な部品だった!
くるまのニュース
スバル「軽トラサンバー」の足元がビショビショ!? その原因は? トランポもリフレッシュしよう!! Vol.5
スバル「軽トラサンバー」の足元がビショビショ!? その原因は? トランポもリフレッシュしよう!! Vol.5
バイクのニュース
Q3で賭けに出たノリスがポールポジション。キャリア2勝目への期待と懸念材料【F1第13戦予選の要点】
Q3で賭けに出たノリスがポールポジション。キャリア2勝目への期待と懸念材料【F1第13戦予選の要点】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

11件
  • デザインが劣化しすぎて草も生えない。先代は秀逸なデザインだったのに、何故こうなった。
  • タイトルに【10年ひと昔の新車】とありますが、
    現役でまだ売られてるのですが。。。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

128.9187.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8254.0万円

中古車を検索
マーチの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

128.9187.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8254.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村