サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【国内では独壇場!! でも消えない不安】王者クラウンが抱える憂鬱な事情

ここから本文です

 日本車の中で、最も長い伝統に支えられている車種がクラウンだ。初代モデルは1955年に発売され、今でもトヨタの主力車種としてラインナップされている。

 初代クラウンは日本初の本格的な高級量産乗用車として誕生しており、トヨタの、そして日本車の中心的な存在になっている。

【乗らなくても劣化する!! 4年で交換推奨!!】意外に気にしないタイヤの劣化事情と消費期限

 そのクラウンの売れ行きが最近は伸び悩んでいる。

 国産セダンでは独り勝ち状態にあるが、デビュー時の勢いはない。デビュー後初のフル販売となった2019年の販売台数は 対前年比が71.8% となっていて、クラウンとしてはありえない販売動向となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ