サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2+2の上級FRスポーツクーペ ロータス・エクセル 英国版クラシック・ガイド 前編

ここから本文です

突出した操縦性にしなやかな乗り心地

トヨタとの提携で、ロータスは信頼性の高い部品を利用できるようになった。1975年の先代、エクラとは比べ物にならないほど、1982年のエクセルは優秀だった。

【画像】+2のロータス・エクセルとエリート、エヴォーラ 最新のエミーラとエヴァイヤも 全105枚

トランスミッションとデフ、クラッチ、ディスクブレーキ、ドアハンドル、ヒーターとエアコンなどは、すべてトヨタ社製。コストダウンにもつながり、新車価格はエクラより1100ポンドも安かった。初期型では、エクラ・エクセルと呼ばれていたが。

スタイリングを手掛けたのは、オリバー・ウィンターボトム氏とピーター・スティーブンス氏。

おすすめのニュース

サイトトップへ