サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目も価格も超絶インパクト! 浮世離れした昭和のスポーツカー3選

ここから本文です

■1960年代に誕生した浮世離れした国産スポーツカーを振り返る

 1966年4月に、日産はダットサン初代「サニー」を発売しました。そして、同年11月にはトヨタ初代「カローラ」も誕生。まさにマイカー時代到来を告げる2台の大衆車が、同時期に誕生しました。

トヨタ「2000GT」が50年ぶりに復活!? ロングノーズを完全再現した「2020GT」の正体とは

 しかし、1966年当時は大卒初任給が2万2000円ほどだったなか、サニーとカローラの価格は40万円台後半と初任給20か月分に相当するほど高額で、とても庶民が簡単に買える値段ではなかったようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ