サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、シェアサイクル関連事業に参入 補助電源にモバイルバッテリー活用 充電切れでも大丈夫

ここから本文です
 ホンダは21日、モバイルバッテリーをシェアサイクルの補助電源として利用できるシステムを開発したと発表した。充電切れなど電動自転車の課題を解消する技術として、2022年度内にシェアサイクル事業者と実証実験を始める。ホンダは電動アシスト自転車事業を手がけていないものの、公共交通機関による自動運転車を活用した移動サービスの実用化に向けてはラストワンマイルの移動手段としてシェアサイクルが活用されることを見込む。新技術が将来のモビリティサービスにつながるかは不透明だが、ホンダらしい「ひらめき」のアイデアを実用化する。

おすすめのニュース

サイトトップへ