サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シエンタ一部改良! コロナ禍で各社の動向は? ほか国内メーカー最新ニュースを網羅!!!

ここから本文です

シエンタ一部改良! コロナ禍で各社の動向は? ほか国内メーカー最新ニュースを網羅!!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、トヨタ シエンタの一部改良、ホンダ フリードモデューロXのマイナーチェンジ情報、ヴェゼルとシャトルに超金利の残価設定クレジット登場といった話題から。トヨタの販売店統合の進展についても触れる。

【2020年6月登場までカウントダウン!】RAV4 PHVの価格&グレード大公開!! その期待値を読む

 また、新型コロナウイルスの感染拡大による被害の広がりについて今わかっているすべてをお伝え。大変なときではあるが、メーカーさんには踏ん張っていただいて、ゆっくりでもいいので明るいニュースを届けてほしい。

●【画像ギャラリー】シエンタ フリード 新型コロナ… ギャラリーで最新の話題をクイックチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月26日号

■トヨタ、シエンタを6月2日 一部改良

 トヨタは6月2日にシエンタを一部改良します。今回の改良は内外装をほとんど変えず、グレード追加、ボディカラーの見直しなどが中心になります。

 具体的には、グレードは3列シート仕様に最上級の「ファンベースG」を追加します。これはシート周りに合皮を採用し、装備面はLEDヘッドランプや踏み間違い防止装置、ICS(インテリジェントクリアランスソナー)などを標準装備したモデルです。

 ボディカラーはグリーンメタリック、ブロンズメタリック、ダークブルーマイカメタリックの3色を追加し、2トーンのブラック&パール、ブルーメタリックマイカの2色を廃止します。

 改良型の価格は4月下旬に決めて、先行予約をスタートさせます。従来モデルは在庫一掃セールに入っており、ガソリン車はほぼ売りつくしている状況にあります。

2018年に2列シート車を設定するなど大幅なマイナーチェンジをしたシエンタだが、今年6月にも一部改良を実施。グレード追加などが行われる予定

■ホンダ 5月下旬にフリード モデューロXをマイナーチェンジ

 ホンダは5月下旬にもフリードのカスタマイズバージョンである「モデューロX」をマイナーチェンジして発売します。昨年10月にマイナーチェンジしたフリード現行モデルの新バージョンです。

 今回のマイナーチェンジでは足回りを強化し、新デザインのアルミホイールを装備します。なお、モデューロXはフリードの最上級グレードに位置づけたモデルとなります。

2017年12月登場のコンプリートモデル「Modulo X(モデューロ エックス)」

■ホンダ ヴェゼルとシャトルに超低金利残価設定クレジット

 ホンダカーズ店各社は4月以降、ヴェゼルとシャトルの両車種に絞って1.9%の超低金利残価設定クレジットを実施しています。

 どちらも1年後の2021年初めからその年央にかけてフルモデルチェンジする予定の末期モデルのため、低金利残価設定クレジットで買い得感をアピールする狙いがあります。

 ヴェゼルはこれに10万円のオプションプレゼントを組み合わせることで、さらなる買い得度をアピールしています。

 3月末まではフィットやステップワゴンも1.9%の超低金利残価設定クレジットを実施していましたが、4月からは通常の3.5%に戻しています。

 フィットの納期は6月以降と長引いていることから、当面は通常金利に戻しても差し支えないとの判断があるようです。

ヴェゼル(上・モデューロX)とシャトル

■従来の販社存続で、トヨタ全店で全車併売をスタート

 トヨタはこの5月から全国的に全トヨタ販売店で全車種併売をスタートさせましたが、大部分の地域はこれまでの販社を存続させる方針です。

 有力な地場資本販社が存在し、統合や合併がしにくい状況にあるためです。

 メーカー資本が大部分の東京地区は昨年4月、4系列店を統合し「トヨタモビリティ東京」を発足させました。

 これまでの4系列店は同じ販社に統合されたので、従来のようにトヨタ車同士を競合させて安く購入するような交渉ができなくなっています。

 ところが、地場資本の多いほかの地域の販社は統合せずに全店で同じ車種を販売するので、これまでより競合をさせやすくなります。ユーザーにとってはより安く新車が買える確率が高くなるので好都合になるわけです。

なかなか思ったとおりには進まない?

■日産 新型ルークスが好調な滑り出しだが納期は遅れるか?

 日産が3月19日から発売している新型スーパースペースワゴン「ルークス」の販売が好調な滑り出しをみせています。月販目標の1万台に対して受注はこれをはるかに上回るピッチなのです。

 しかし問題は供給体制です。組み立てている三菱自動車の水島工場は生産が遅れ気味になっています。新型コロナウイルス蔓延の影響を受け、サプライヤーが部品をスムーズに納められない状況になっているためです。

 成約すると納期は2カ月待ちの6月以降と提示されますが、これが今後はさらに先送りされそうな雲行きになっています。供給が先送りになる場合は、月販1万台に届かない時期がしばらく続く可能性があります。

新型ルークス(上)とハイウェイスター

■日産の新型車、キックスの販売態勢は大丈夫か?

 日産の新型コンパクトSUV「キックス」は5月20日発表、6月10日発売予定といった大まかなスケジュールが販売店に伝えられています。しかし、すでに明らかになっていてもおかしくない商品内容やセールスプロモートなどの詳細が4月中旬になっても、まだ伝えられていません。

 これに対して販売店各社は「こんな状況で大丈夫か?」という声が強まっています。

 4月下旬までには商品内容を販売店に提示し、発売前の予約を開始するはずですが、まだ何の動きもない状態が続いているようです。したがって先行予約の開始は、5月のゴールデンウイーク明けにずれ込む可能性があります。

海外で好評を博し日本でも発表間近とされる日産の新型コンパクトSUV キックス。コロナショックでスケジュール変更の可能性もある?

■三菱も新型コロナの影響で工場ストップ&納期遅れ

 三菱自動車は新型コロナウイルス感染拡大の影響で部品供給が遅れ、小型車を生産する岡崎工場と軽自動車を組み立てている水島両工場が稼働停止状態にあります。

 このためデリカD:5、アウトランダー、RVR、エクリプスクロス、eKワゴン、eKクロススペース/eKスペースなどの生産がストップ状態にあり、各モデルの納期は軒並み6月中旬以降と延びています。

 今後の感染拡大の状況によっては、さらに先送りされる可能性もあります。

eKスペース(上)とeKクロススペース。日産のルークスもだが、発売直後の一番大事な時期にコロナ禍に見舞われたのは忸怩たる思いに違いない

■各社 新型コロナの影響で主要モデルの納期が軒並み先送り

 自動車メーカー傘下の販売店は、新型コロナウイルスの影響でメーカーの工場が稼働停止に追い込まれても、多くの販売店は通常営業しています。営業時間を短縮している販売店もありますが、休業するところはありません。

 業務は新車販売だけでなく、定期点検、車検のアフターフォロー、修理、中古車販売、部品用品販売、保険業務などがあるためです。

 クルマを生産する工場が稼働停止に追い込まれている状況でも、販売店は新車販売の受注活動ができます。そのため売れゆき状況に関わらず、納期が軒並み先送りされる事態となっています。

 これによって、4月中旬現在では通常1カ月待ち以内の納期の車種でも、2カ月待ち以上の6月中旬以降に納期は延びています。今後工場の稼働停止時間が長引くほど納車できず、バックオーダーが貯まり続ける可能性があります。

新型コロナウイルス蔓延の影響で、部品の供給がスムーズに行われず生産が滞りがちになっているため、ハスラーも納期が3カ月待ちに延びている

■スズキ バレーノは年内にもモデル廃止か?

 スズキ販売店筋によると、同社のコンパクトハッチバックモデル「バレーノ」は年内にもモデル廃止となる可能性があるといいます。

 個性的なエクステリアデザインと走りのポテンシャルの高さで一定のファン層に人気が高かったのですが、発売後4年が経過し、販売が大幅に落ち込んでいます。

 インド産の輸入モデルのためにモデルチェンジによる改良が難しい面があり、モデル廃止をすることが有力になっています。

2018年5月の「XT」一部改良、2019年4月のボディカラーの設定変更以来、音沙汰のないスズキ バレーノ

●【画像ギャラリー】シエンタ フリード 新型コロナ… ギャラリーで最新の話題をクイックチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します