サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンとの接触後、ハミルトンへ人種差別的批判が相次ぐ。FIAやF1、メルセデスが“可能な限り強い言葉”で非難

ここから本文です
 FIA、F1およびメルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チームは共同声明を発表し、“可能な限り強い言葉によって”、F1第10戦イギリスGP後にルイス・ハミルトンに向けられたソーシャルメディア上の人種差別的発言を非難している。

 イギリスGPのオープニングラップでハミルトンとマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が接触したことが物議を醸し、衝突における双方のドライバーの責任について激しい議論が引き起こされた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン