サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPエミリア・ロマーニャFP3:王座争うクアルタラロとバニャイヤ、揃ってQ1行き。トップはザルコ

ここから本文です

 ミサノ・サーキットで開催中のMotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP。雨となったこのフリー走行3回目をトップで終えたのは、プラマックのヨハン・ザルコだった。

 今シーズン2度目となるミサノ・サーキットでのレース。週末は雨模様で始まり、初日のFP1とFP2はともにウエットコンディションで実施された。2日目以降に向けては、天候が回復するという予報もあったが、これは的中せず。FP3も雨が降るなか、フルウエットの路面で開始された。

■クアルタラロ、初日16番手も苦手“ウエット”の改善に満足「大きく前進できている」

 各ライダーがコースに向かう中、開始数分でロレンソ・サヴァドーリ(アプリリア)がターン1で転倒してしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン