サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつての定番「ヤンキーホーン」や「エアホーン」! 最近見かけなくなった理由とは

ここから本文です

 社外ホーンでも保安基準に適合するものもある

 最近あまりやらなくなってきたのが、ホーンの交換だ。純正でも音色がよくなったことや規制があって大音量は許されないなど、いくつかの理由がある。もちろんまったくしなくなったわけでもなく、デンソーやボッシュ、ミツバといった純正部品のサプライヤーは今でも販売していたりする。また、ボッシュのラリーホーンなど、名品と呼ばれるシリーズもある。

「ど派手ペイント」「巨大羽根」「飛び跳ねるクルマ」! 最近激減したクルマの「カスタム」5選

 そして、最近見かけないのがエアホーンだ。ホーンは一般的には電磁式が純正でもほとんどで、それとは違って小さなコンプレッサーで空気を作って鳴らすのがエアホーン。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン